依存性あり?不倫をすることによる3つのデメリットとは?

最近では、不倫をする男性が増えてきていますが、対して不倫をする女性も増えてきていると言います。

不倫はダメとわかっていてもどうしても不倫でしか愛を感じられない、普通の恋愛では物足りないと感じてしまう人も多いという話もよく聞きます。

しかし、やはり不倫にはメリットがなく、大きなデメリットしか存在しません。

そこで今回は、不倫に対するデメリットを3つ紹介していきます。

もし今、不倫をしているという人がいれば、ぜひ一度現実を見つめて不倫のループから脱出してみてはいかがでしょうか?

依存性あり?不倫をすることによるデメリットとは

では、不倫をすることによるデメリットを3つ紹介します。

不倫はあなたと彼だけでなく、他の人にも迷惑をかけてしまうタブーな行為です。

ぜひ一度、現実を見つめなしてみてはいかがでしょか?

1:不倫を繰り返してしまう

1つ目は「不倫を繰り返してしまう」こと。

一度不倫に手を出してしまうと、「バレたらいけない」というドキドキ感がやめられないと、また不倫を繰り返してしまう人が多数います。

不倫は麻薬と一緒で、依存性のある行為。

ドキドキすることで脳内にアドレナリンが分泌し、脳がまたそのドキドキを求めてしまい、不倫を繰り返してしまいます。

人間は「だめ」と言われると思わずやってしまいたくなる生き物です。

「ちょっとだけなら」という気持ちが芽生えた時、自分の中で「危ない」と思った方がいいでしょう。

2:周りの人間関係が壊れる

そして2つ目は「周りの人間関係が壊れる」こと。

もしあなたが、社内不倫をしていて、その不倫が会社にバレてしまった場合、その会社にも多大な迷惑をかけてしまう原因になります。

そしてあなたと男性は同じ会社にいられなくなるため、どちらかが地方などに異動させられたり会社をクビになったりと、周りに迷惑をかけてしまうことに。

さらに、の人はAさんと不倫をしていた」というような噂を立てられたり仲の良かった友達からの見る目が変わってしまったり...

不倫はあなたの首をとことん締め付けてしまうことでしょう。

3:お金の問題が出てくる

そして3つ目は「お金の問題が出てくる」こと。

あなたと彼の不倫がバレた場合、彼に奥さんがいる立場であればあなたは奥さんに慰謝料を請求されてしまうことでしょう。

慰謝料の額は人によって違いますが、一括で払えないような多額な請求をされてしまうケースも。

不倫と知りながら不倫をしていた場合はさらにタチが悪く、あなたは言い訳をすることもできぬまま全てを受け入れるしかありません。

ぜひ一度、現実を見つめ返してみてくださいね。

まとめ:不倫にはいいことは一つもない!

今回は、不倫に関するデメリットを紹介しました。不倫にはいいことは一つもありません。

ちょっとした火遊びが本気になってしまったでは済みません。ぜひ一度、不倫に手を出す前に考え直してみてくださいね。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨