「気持ちが伝わらない...」恋愛って難しいと感じる瞬間3選

皆さま、こんばんは。恋愛経験がある方の多くが一度は「恋愛って難しい」と感じられたことがあるのではないでしょうか?恋愛には様々な形がありますが、特に片思いであったり、遠距離恋愛になったりするとよりその恋愛が難しいものに感じられることもありますよね。今回は恋愛が難しいと感じる瞬間を3つご紹介します。

自分の気持ちが相手に伝わらない時

片思いの時にすごく相手のことが好きなのに、上手に気持ちを伝えられないと難しいと感じますよね。両思いであっても、自分の気持ちがどうしても伝わらないことも。気持ちを伝えても相手の解釈によって、自分が伝えたいことと違うニュアンスで受け取られることは人間関係でよくあること。自分の気持ちが思い通りに伝わらないと歯がゆい思いをすることがあります。

相手と気持ちの温度差を感じた時

恋愛中に相手と同じ温度でいられる瞬間というのは少ないもの。自分が100%相手のことが好きな気持ちでいる時に相手が同じように100%の気持ちで自分のことを好きでいてくれるかというと、そのようなことはほぼありません。相手が20%くらいの気持ちで自分のことを好きそうだと感じると、温度差を感じて寂しくなることがありますが、別の人格を持った人間の恋愛ですので、これは仕方のないこと。理想はお互い70%ずつくらいの好きな気持ちがずっと続くと良いと思います。

いつか必ず倦怠期がくること

最初は好きで好きでたまらなかった相手も、長く付き合っていればだんだんと気持ちに変化は生じて、やがて倦怠期はきます。どうしても「慣れ」が生じ「惰性」へと繋がり、最後には「飽き」がきます。しかし、それはそれでそうした段階にきたのだなと理解し、対策を取ることで倦怠期も打破することができます。楽しいわくわくした恋愛がしたいなら、必ず努力が必要です。

おわりに

恋愛は難しいからこそ楽しいですし、一つ一つの恋愛があなたの成長に繋がります。いくつかの恋愛を経験することで、あなたの人間性は恋愛前よりきっと高まるはず。その恋愛を大切にしてみてくださいね。お読みくださり、ありがとうございました。

 

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨