銀座のホステスから学ぶラインテク!プロ直伝の技で高感度をあげよう!

銀座のホステスといえば、男性心理を知り尽くしている女性たち。そんな銀座のホステスが使うラインテクをご紹介します。どのようなラインを送れば、相手の気持ちをこちらに向けることができるのでしょうか。片思いの女性、必見です!

忙しい時間帯は避けて送信する

ラインを送ると相手に通知が届きます。それが、相手の忙しい時間帯だったら、おそらく相手はあなたのラインを後回しにするでしょう。そして、そのまま忘れてしまうことすらあるかもしれません。

ラインを送るのであれば、相手が忙しいと分かっている時間は避けて送る、これは基本的なラインテクです。特に相手の仕事が落ち着いている時間帯、ランチタイムやその前の時間、寝る前の時間帯がおすすめ。これも優しさのひとつといえるでしょう。

相手を思いやる文面を入れる

「お仕事お疲れさま!」「風邪ひいてないかな?」「頑張ってね!」など、相手を気遣った思いやりの言葉をラインに入れるようにすることも有効なラインテク。この言葉ひとつあるだけで、ラインの文章の雰囲気が変わります!

例えば、あなたの日記のようなオチもない長いラインを受け取ったら、相手はどう感じるでしょう。疲れた仕事終わりにそんなメールを目にしたら、最後まで読もうと思いますか?どうやって返事をしたらいいか困りませんか?このようなラインは要注意です。

ラインの既読や未読は気にしない

ラインを送ったあとから返事が来るまでに、読んでもらったかどうかを確認する人がいます。そして既読はついたのに返事がないと「既読スルーだ!」といって、相手に怒りの感情を抱くのです。

相手には相手の都合があり、すぐに返事ができないこともあります。また、タイミングによって返事をしたいと思えるような気分じゃないのかもしれません。

あなたが送ったラインの内容に問題がないのであれば、相手が読んでいるかどうかは気にしないことが1番です。あなたはいつも明るい雰囲気で、気遣いの言葉や感謝の言葉を伝え続けましょう。

まとめ

銀座のホステス達はこれらのラインテクを意識しながら、お客とのラインを楽しみます。そしてこのラインテクによって多くのお客の心をつかんでいるのです。

あなたも振り向かせたい男性がいるのであれば、ラインテクを使ってラインを送るようにしてみましょう。