たとえ彼女であってもイラつく!男性が本当に嫌だと感じるLINEとは?

LINEはカップルの連絡手段としてよく使われています。女性は女友達ともよくLINEをして楽しみますが、男性はあまり頻繁にLINEを送りません。男性はできるだけ「ひとりの時間」をもっていたいからです。

そこで、いつも誰かとワイワイ楽しんでいたいという女性との間で、気持ちのすれ違いが起きてしまいます。彼氏であってもイラついてしまうLINE、あなたは送ってしまっていませんか。

自分のことばかり考えているLINE

LINEには絵文字が使えますが、たくさんの絵文字を使うと文章が読みにくくなってしまいます。また、絵文字を一切使わなくても、改行もなしに長文が続くと、読む前から読む気が失せてしまいがちになるはずです。

話の内容も、ただ自分がしゃべりたいことや愚痴を書いているだけだったり、インターネットで調べればすぐにわかるようなことを男性に聞くようなLINEも同じです。つまり、LINEを受け取った側の立場にたてていない内容を送り続けていると、気持ちも離れていってしまいます。特に彼氏が忙しい時などは、できるだけ連絡を控えるなど、配慮を忘れずに。

かまってちゃんな内容のLINE

彼氏と少しでもLINEのやりとりがしたくて、つい大げさに物事を話したり、心配をかけたりするような内容のLINEも嫌がられるものです。「なんだか今日は落ち込んでしまって」「嫌なことがあってどうしたらいいか分からなくなっている」といったことをLINEで送ってしまっていませんか。

もちろん、本当に困っている時には、彼氏を頼ることは問題ありません。そして、彼氏もその方が頼ってもらえていると感じ、嬉しいでしょう。けれど、ほんのささいなことを大げさに伝えて気を引こうとする「かまってちゃんLINE」になっていると、話は別です。

さらに、彼氏がそのLINEに気付いて大慌てで電話をかけた時、あなたが寝起きの声で電話にでたりしたなら、大激怒されてもおかしくはないでしょう。「悩んで落ち込んでいるとLINEしておきながら寝れるのか!」と、たいていの男性は軽んじられたように感じ、良い気はしないはずです。