彼氏は大好き!でもデートが近づくとドタキャンしたくなる、なぜ?

付き合って関係は良好。これといって不満はないし、彼氏のことは大好き。なのに、デートの日が近づくと「デートに行きたくないなあ」「なんでデートの日をこの日にしちゃったんだろう」と憂鬱になってしまう女性って多いんです。どうしてでしょう?

デートが近づくとドタキャンしたくなる人の心理とは?

彼氏とのデートは自分から言い出して日にちを決めた、つい数日まで楽しみで仕方がなかった。手帳にもハートマークのシールを貼って、スペシャルデー扱い。なのに、いざデートの日が近づくと憂鬱になってしまうのはなぜでしょう。でも、安心してください、こういった女性は意外と多いのです。

ドタキャンされたことはありますか?

彼氏ではなく友達でもいいのですが、ドタキャンをされたことはありますか?理由が体調不良だったり、急用だったり、仕方がない理由だとしても「え!?なんでドタキャンするの?」と思ってしまいませんでしたか?

もし、このようなドタキャンをされた側の立場に立った経験がなく、今お伝えしたような気持ちを実感したことがない人は「ドタキャンを甘く見ている」傾向があります。「時間が空いたんだから、好きなことできるでしょ?」「他の友達と遊べばいい」なんて思っていませんか?

ドタキャンをされた気持ちを味わった人は、どれほどドタキャンが相手の予定を乱し、楽しみにしていた気持ちも踏みにじってしまうのかを知っています。だから「そう簡単にドタキャンはするものじゃない」と思えるのです。

どうしてもドタキャンしたい時は?

とはいっても、人の心は複雑なもの。ドタキャンがいかに良くないことか頭で分かっていても、心が追いつかない時もあるでしょう。どうしてもデートのドタキャンをしたくなった場合は、相手に納得してもらえる理由を伝え、できるだけシンプルに伝えましょう。

ただ「高熱がでてしんどいの」「おなかが痛くて動けないの」といったような、彼氏に心配させてしまうような理由を伝えるのは避けるべきです。また、彼氏にはきちんとドタキャンをしたお詫びを次のデートでなにか伝えられるといいですね。

まとめ

デートが憂鬱になる理由は何なのかは、人それぞれによって異なります。ですので、ここで「これが理由です!」といったような明確な回答はできません。けれど、憂鬱になるには、なにかしらの原因があるはずです。

彼氏と少し距離をとってみたり、デートの日は直前に決めるなど、いろいろ自分の気持ちを確認するために工夫してみるといいでしょう。

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓