そんな気分じゃない!彼を傷つけず、上手に【キス】を拒む方法5選。

こんにちは。お付き合いする前、お付き合いしている時、キスされる瞬間って分かりますよね。しかし、男性がキスしたいと思っている時に同時に自分もキスをしたいと思っていることは意外と少ないもの。そこで今回はそんな気分じゃない時にキスを上手に拒む方法を5つご紹介します。

①風邪移しちゃうと悪いからごめんね。

このように丁寧に断れば、男性もショックを受けずに済みます。「風邪なら仕方ないか」と普通は思ってくれます。他にも「唇がカサカサしているからまた今度ね」など上手にかわしてみましょう。納得できる理由があれば男性にも理解してもらえます。

②歯を磨いてからでもいい?

「口臭が気になっちゃって」より「歯を磨いてないから、あとでね」の方が可愛いです。男性もそんなこと気にしちゃうなんて、可愛い!って思います。「嫌われたくないから」と付け加えるのもGOODです。

③ここじゃやだ。あとでね。

軽く叱るようなことをすると、キュンとする男性が多いです。ただこれだと場所を移せばOKと思われるので、すぐに帰るのがベスト。そうすればこの日はキスを回避することができます。

④恥ずかしがる

交際前にキスをされそうになったら、恥ずかしがる作戦で乗りきりましょう。「あまりしたことなくて」などうつむき加減で言えば、男性もぐっときます。この時、気分じゃなかったとしても「気分じゃないから」と断るのはNGです。あくまでも「恥ずかしい」で押し通しましょう。

⑤口紅をしっかりとつける

口紅がしっかりとついていると、男性もキスをしたら口紅がついちゃうので、強引にキスをしてくるようなことはありません。「リップついちゃうから、また今度ね」でキスを回避することができます。

おわりに

気分でなくても「気分じゃないから」と単刀直入に言うと傷つく男性が多いので、上手に言葉を選んでみてくださいね。可愛い言動にもっとキスしたくなっちゃう男性も多いかもしれませんが、上手に乗り切りましょう♡

 

 

mira(ミラ)アプリでは、AIが一枚の写真からたった5秒で、顔のパーツのバランス・形・大きさの特徴量をもとに、顔タイプを判定。あなたのための美容法を導き出します。

🎁アンケートはこちら🎁

無料で診断♪ マイカルテを作成

無料でLINEで相談♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

美容部員(資生堂)経験あり。新発売される化粧品をチェックし、話題のコスメは色々試してみるのが好きです。プチプラの100円コスメ、ドラコス、デパコスまでスキンケア、コスメを集めるのが趣味です。 友人に婚活アドバイザーとしてよく相談に乗っています。楽しく恋愛をするためのコツや恋愛が長続きするヒント、自分磨きの方法やモテなどを色々研究しています。「恋愛はシーソーのようにHappyに」がモットーです。