彼女以外、何もいらない【恋愛依存症】に陥りやすい男性の特徴4選。

恋愛依存症って女性がなりやすいことが多いと思うのですが、実は男性も恋愛依存症になるんです。どのようなタイプの男性が恋愛依存症になりやすいのか、ということをテーマに今回はお伝えしたいと思います。

①思い込みが激しい性格

相手からの連絡が遅い時などにすぐ「もしかして浮気してる?」「俺、何か嫌われたことした?」など思い込んでしまう男性がいます。下手すると鬼電(何回も電話をかけまくること)してきたり、LINEをずっと送ってきたりと少し恐怖ですよね。思い込みが激しい男性は恋愛依存症になりやすいので注意が必要です。

②彼女に尽くしすぎる優しい性格

相手から嫌われたり、振られたりしないように、どんどん彼女に尽くしてしまう性格です。彼女に「好きだよ」と言われるともっと好きって言ってもらいたいと思い、ますます尽くす男性です。女性側も尽くされるのは悪い気分はしないので、最初は良いのですが、だんだん度を越してくると負担になってくるので、注意が必要です。

③感情に波がある性格

恋愛依存症になると、どうしても気持ちに波がでてきてしまいます。普段は冷静な人でも恋愛となると感情的になってしまうことを経験したことがあると思います。男性も感情にすごく波があったり、恋愛のこととなると大泣きしてしまうような男性は、恋愛依存症の傾向が強いです。

④彼女以外、何もいらない

恋愛依存症をこじらせると「彼女以外、何もいらない」という状態になります。あなたが仕事に行こうものなら「行かないで」と泣きつき、帰宅するとごはんを作って楽しそうに待っている彼。最初は良いかもしれませんが、やはりだんだん負担となりますよね。恋人以外必要ないという思考は、人間関係を破綻させるきっかけとなるので、二人で注意する必要があります。

おわりに

本日は恋愛依存症になりやすい男性の特徴をご紹介しました。基本的に良い人に変わりがないのですが、恋愛で「二人だけの世界」にずっとどっぷりと浸かってしまうのは考え物。恋愛は上手に楽しくしましょう。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

iOSアプリダウンロードはこちらから↓