彼が風邪を引いた…そんな時は女神のような神対応で♡

 冬は特に風邪が流行り、体調を崩しやすい季節。楽しみだったデートの当日、「ゴメン…風邪引いて今日は行けない」と彼に言われたら…あなたはどんな対応をしますか?弱った身体の身に染みる、優しい対応をしていますか?

「気にしないでね!」と相手の罪悪感を薄めてあげる

楽しみにしていたデートがキャンセルになるのは、人間だもの、ガッカリする感情は当然です。でも、キャンセルする側の彼氏にとっては、ガッカリ+体調不良+彼女への申し訳ない気持ち…のトリプルパンチに追い込まれている状況です。「ゆっくり今日は休むのが一番だよ!」と、温かい気持ちで彼の罪悪感を薄めてあげるのが神対応です♡

彼が一人暮らしの場合…「何かできることある?」と聞く

一人暮らしでの病気は精神的にも心細いもの。高熱が出た場合は、食料調達さえも困難な状況ですよね。そんな時は、ポカリスエットやゼリー、おかゆ、フルーツなど彼の栄養になるものを差し入れ提案するのも◎。ただ、部屋に長居するのは病人に負担になることもあるので、用が済んだら「何かあればまた遠慮なく言ってね♡」と去るのがスマートです。

彼が自宅暮らしの場合…LINEやメールで様子を伺う程度に

彼の家族と既に大分仲良しであれば、お見舞いをするのもアリかもしれません。そうでない場合は、「心配だったの!」と押し駆けたりせずに、LINEやメールで、「その後調子どう?早く元気になりますように♡」とさらっと様子を伺う程度にしておきましょう。長文メールや、返信を要する内容は、体調不良の人にとって負担なので、「返信不要だよ♡」と文末につけてあげると、相手も気がラクになります。

体調不良でのデートキャンセルはお互いさま!

今回は彼が風邪でデートキャンセルのケースでしたが、あなたが風邪をひいてデートキャンセルをする可能性ももちろんあります。もし、彼が風邪をひいたときに「酷い!楽しみにしていたのに!」と責めたりしたら…それはあなたにとってマイナスなだけです。彼の体調が回復した時、「よかったね♡前回は会えなくてさみしかったよ!」とにっこり神対応することで、彼はあなたを女神だ…とさらに好きになってくれるはずです♡