好きなのに気持ちを伝える勇気がない!そんな片想い中のあなたが告白に踏み切れる方法

みなさん、これまでに片想いの期間を過ごしたことがあるのではないでしょうか。好きな気持ちをそのまま伝えればいいのに、頭では分かっていてもできない。そんなモヤモヤ期間を終えて、告白できる方法をお伝えします!

「好き」この2文字を伝えたいのに伝えられない片想い期間

「好きな男性と話ができた!」と喜ぶこともあれば「他の女のコと楽しそうにしゃべってた。あのコは彼女?」とモヤモヤすることもある片想い期間。告白を先延ばしにしていると、本当にこのような状況になってしまうかもしれません。

これが嫌なのであれば、好きな男性にあなたの気持ちを素直に伝えること、つまり告白することになります。けれど、告白にはとても大きな勇気と決意が必要ですよね。簡単な気持ちでできるものではないし、その後の関係が悪い方向へ変わってしまうというリスクも背負わなくてはならないので、本当に楽しさと苦しさが入り混じった期間といえるでしょう。

告白をしてOKをもらった後のイメージを描いてみよう

心理学でも、なにかに挑戦する前に「どうせ無理、どうせ無理・・・」と思って挑むのと、「できる、できる、大丈夫!」と思うのとでは、結果に大きな差がでることがわかっています。単なる思い込みではなく、実際に結果に反映されるのです。

なので、あなたも「告白をしてOKをもらったらふたりでしたいこと」をどんどん考えてみましょう。ふたりで楽しくデートをしているところをイメージしてみるのもおすすめです。

友達に「告白する!」と宣言しよう

告白をしようと決めても、実際に行動にうつすことは難しいものです。やはり「断られたら怖い」という気持ちが消えることはないでしょう。けれど、好きな男性があなたに告白してくれる様子がないのであれば、あなたから動かなくては何も発展しないのです。

そこでおすすめの方法は、仲の良い友達に「今度、みんなと集まる時に〇〇くんに会うと思うから、その時に告白するね!」と宣言をするのです。自分のなかで「よし!告白しよう!」と思っているのと、周りに宣言をしてしまうのとでは、心理的に大きな違いがあることはわかりますよね。

もしかすると友人が、あなたたち2人でいる空間を作るサポートをしてくれるかもしれません。少なくとも、あなたの背中を押してくれる心強い味方になることは間違いはないでしょう。宣言して、少し自分にプレッシャーをかけてみませんか