セフレの彼を好きになっちゃった・・・!本命の彼女になるには?

セフレの関係でも「これでいい!」とお互いが割り切って考えられている関係であれば、問題はありません。けれど、セフレのことが好きになってしまった場合、または、セフレになる前から彼のことが気になっていた場合は、本命の彼女になりたいですよね。本命の彼女になるには、どうすればいいかご紹介します!

まずは都合のいい女を一時期演じてみる

セフレの関係を解消して、本命の彼女になりたいと思っていても、あえて都合のいい女になりましょう。夜でも彼からお誘いがあれば出かけて、彼にとって近くにいて当然の存在になるのです。そして、次に、あえて一気に彼から離れましょう!

彼は、今まで常に一緒にいてくれたあなたがいないということが分かり、あなたが離れたように感じることを「寂しい」と感じるはずです。そうすれば、改めてあなたの存在の大きさに気づいてくれるでしょう。

夜には会わないようにする

セフレの関係の場合、夜にあってすぐにホテルへ行き、お互いの家に変えるという流れになりがち。けれど、本命の彼女であれば昼間にも合えるはずです。もし、お昼に会うことを彼が拒むのであれば、この時点で、あなたは「今は本命の彼女として扱われていない」といえます。

彼のことが好きになっていればいるほど、彼からの夜のお誘いに「会えない」と誘いを断るには勇気がいるかもしれません。「断るなんて無理!」「お昼に会えないの?」なんて言えないと思うでしょう。でも、ここが踏ん張りどころ。あなたが傍にいない状況を「寂しい」と彼に思わせるためには必要な行動なのです。

彼からセックスを求められても断る

「体調が悪い」「生理中だから」など、どんな理由でもいいので、あえて彼からのセックスの誘いを断るようにしていきましょう。「今までいつも誘えばついてきてくれたのに、どうして・・・?」と彼に思わせるのです。こうすることで、彼はあなたのことを頻繁に考えるようになるでしょう。

だって、これまで夜のお誘いには喜んで対応していたあなたが、なんだかんだと理由をつけてセフレの関係を断とうとしているということは、彼にも分かるからです。彼もあなたのことが実は気になっていれば、頭の中があなたのことでいっぱいになっているでしょう。

彼との連絡をいったん控える

しばらく彼との連絡も控えるようにします。そして、ある程度距離をおいてから改めて彼の気持ちを聞いてみましょう。あなたが思うような答えでないとしたら、あなたは彼にまったく大切にされていません

あなたが離れていく態度をあからさまに見せているにも関わらず、彼の気持ちは動かなかったということなのです。悲しいけれど、もうその関係は断ち切るべきでしょう。