彼氏の浮気が発覚!それでも許した彼女の気持ちって?

彼氏が浮気をしたと知った場合、ショックを受けない女性は少ないでしょう。けれど、その後も同じ彼氏と付き合い続ける女性は多くいます。では、そんな女性はどのように考えて彼氏の浮気を許すことができたのでしょうか。

彼氏が浮気をした原因は自分にもあると考えたから

世間一般でも不倫や浮気には悪いイメージしかありません。けれど、そのような行動をするには彼氏なりの言い分があります。悪いことをする男性に「言い分んなんてない!」と思うかもしれませんね。でも、その原因は自分が作り出したものでもあると考える女性は、彼氏の態度次第によって浮気を許す傾向があります。

例えば、彼氏はいつも「もっと女性らしい格好をして!」「長い髪の方が良いから伸ばして!」「その言い方、やめてほしい!」などをあなたに伝えていたとしましょう。これは、彼氏なりのヘルプサインです。それでも、このサインを無視して、彼氏の要望に応えていなかったのであれば、彼氏が別の女性に興味をもっても仕方がないと考えるのです。

彼氏の行動に怒りは感じつつ、彼氏だけが悪いわけではないと思えてしまうのですね。ただし、この考えは自分責めになりやすく、注意が必要です。あくまでも彼氏の行動は一般的に見ても良いことではないのですから、あなただけを責めることはやめてください。

次に浮気をしたらという話し合いに納得したから

彼氏が浮気をしていたと知った場合、彼氏が信じられなくなりってショックを受けるのと同時に、「次もまた浮気をされたらどうしよう」という不安も湧いてくるでしょう。それならば、ふたりで話し合いをして「次に浮気をしたら、彼氏にどうしてもらうか」を話し合ってみるのもひとつの方法です。

「次に浮気をしたら慰謝料を支払います」や「次に浮気をしたら、実親と彼女の親に謝罪します」といったような「付き合い続けるための条件」を書面できちんと残してもらいましょう。また、次の浮気に気づきやすいように「彼氏がいる場所を写メで送ってもらう」「位置検索ができる状態にしてもらう」といった予防策を考えてみるのもおすすめです。

ただし、この約束があまりにも束縛に近いものであると彼氏が感じていたり、逆に彼氏にとって簡単にできるものである場合は、浮気が繰り返されることもあるので、要注意でしょう。あくまでも、あなたたちふたりが納得していなくては、意味がありません