別れた後に気付く「恋人にしてあげたかったこと」は?

両想いになったからこそ交際が始まったのに、なにかが理由で歯車が狂い、別れを決断するカップルもいます。別れた当初はお互いが相手の嫌なところや至らないところばかりに目が行きがちで、冷静になることはなかなか難しいものだからです。

けれど、時間が経ってから、後悔の気持ちが芽生えることもあります。別れた後になって、ようやく恋人にしてあげたかったこと感じることは、これからご紹介するようなものが多いといわれます。あなたがこんな気持ちを抱かないで済むように、今できることをしておいてほしいのです。

好きだからこそ束縛をしないであげれば良かった

彼氏のことが大好きで、他の女性なんて目に入らないようにと、つい束縛してしまう女性は多いものです。ある程度までは、彼氏も「かわいいなあ」と寛容に見てくれますが、度が過ぎてしまうと、彼氏はあなたからの束縛が「ストレス」としか感じられなくなってしまいます。

このことが原因で別れることになった時、あなたのなかには「彼氏をもっと信頼してあげれば良かった」という後悔の気持ちが多いのではないでしょうか。

きちんと自分の気持ちを素直に表現すれば良かった

「付き合ってるならわかってよ」「私のことが好きなら、私が最優先でしょ?」のように、彼氏のことが好きだからこそ、自分の「彼氏が好き」という気持ちを言葉にせずに、回りくどい表現方法で愛情を伝えてしまうものです。

また反対に、恥ずかしがりやの彼氏と付き合っていた人は、相手からきちんと言葉で「好きだよ」がもらえないばかりに怒ってしまったり、無視してしまったりしていませんでしたか。

お互いが「きっとこんな理由でうまく表現できないんだろうな」と理解し合えることができればいいのですが、女性は特に言葉でのコミュニケーションを重視しがちです。もっとわかりやすい言葉で話し合えばよかった、素直な気持ちをそのまま伝えれば良かった、と後悔する人は決して少なくありません