「パートナーとの恋愛を楽しんで幸せになる」ためにできること!

長く付き合っていると倦怠期がやってきて、パートナーのことが本当に好きかどうかわからないという時も出てくるでしょう。お互いの予定がなかなか合わず、連絡さえもマメに取れない時期もあるはずです。それでもお互いが「このパートナーとの恋愛だからこそ、すごく幸せで楽しい!」と思える恋愛にするためには、どのようなことができるのでしょう。

自分自身のことを大切にできる関係を保つこと

「どうしてパートナーとの恋愛に自分のことが関係あるの?」と思われたかもしれません。けれど、恋愛だけではなく、あらゆる人間関係を良くしようと思うのであれば、まずは「自分が自分を好きになること」がとっても重要なのです。

そのため、パートナーはいても、自分と向き合い、自分の気持ちに寄り添う時間を確保することは非常に大切です。恋愛とは、ふたりが同じ空間で同じ時間を過ごしている以上に、そうではない時間の過ごし方がとても重要になってきます。

これは、もちろん今はパートナーがいない人にも当てはまることです。自分が今、何を考え、何をしたいと思い、何に向かって生きているのかを考える時間は、きちんと確保できていますか。

その理想像と、日々の生活にズレが生じていないかどうか、そもそも自分が将来どうなりたいのかという姿を思い描けていることができているかどうか。自分と会話をする時間をもつことが、パートナーとのふたりの時間をより充実したものにさせてくれるのです。自分のことが良く分かっていない、自分が嫌いという人は、パートナーに依存してしまいがちになり、本当に楽しい恋愛をすることは難しいでしょう。

相手の言動に抱いたポジティブな印象は積極的に伝える

頻繁にパートナーと合っていると、つい傍にいることが当然のことのように思ってしまいます。けれど、パートナーがあなたのためにしてくれていること、すべてをあたり前だとは思ってはいけません

ちょっとした言動にでも「嬉しい」「楽しい」と感じたら、そのままの気持ちをパートナーに伝えていきましょう。どんな些細なことでも構いません。特に、感謝の気持ちは恥ずかしさで伝えることが苦手な人が多いですが、1番伝えなければいけない言葉です。どんどん積極的に言葉にして伝えていきましょう!