「女性は耳で恋をする...♡」やっぱりイケボが好きなんです♡女性が声に弱い理由とは?

皆さま、こんばんは。自分が好きな声、苦手な声がどなたでもあると思うのですが、イケボが嫌いな女性はいないのではないでしょうか?音楽が好きな人は、歌手の歌声に惹かれ、いつの間にかファンになっていたということもあると思います。それくらい声は大事なもので、男性のかっこいい声のことを「イケボ」と言うのですが、本日はなぜ女性がイケボに弱いのか考えてみました。

男性は目で恋をして、女性は耳で恋をする

男性は女性の見た目に惹かれることが多い一方で、女性は男性の声に惹かれることが多いようです。自分好みの心地よい声を聴いていると、キュンとしますよね。女性にとって、イケメンとイケボは同じくらい重視する項目。例えば顔がとてもかっこよくても、声が自分の好みでない場合、あまり惹かれないということも。もちろんその逆もありますが、自分の好みの声でない場合、恋愛対象とならないことが女性にはあります。

この人の話はずっと聴いていたい

イケボな男性の話はずっと聴いていたいと思うもの。話の内容をあまり覚えていないくらい、声が本当にイケボだなぁなんてずっと思ってしまうくらい、イケボな男性の話は耳心地が良いもの。また話だけでなく、カラオケなどで歌を歌った時、イケボでさらに歌が上手だったら、それだけで好きになってしまう女性もきっと多いと思います。イケボで歌までうまいなんて本当にずるいです。

声に弱い女性が多いのはなぜ?

男性の声に対して女性が弱いのにはきちんとした理由がありました。「パチニ小体」というものが皮膚にはあるのですが、これは性感帯のようなもの。個人差はあるものの、200ヘルツの声を聴くと敏感に反応するようです。その200ヘルツというものが成人男性が少し低めに声を出した時と同じ周波数なので、男性からこの周波数で話しかけられるとキュンとする女性が多いということでした。女性は耳で恋をするのにはきちんとしたワケがあったんですね。本日もお読みくださり、ありがとうございました。