男性が嫌だと感じやすいLINEはどんなもの?

男性と女性では感じ方は違うことは多くありますが、LINEのメッセージについても同じことがいえます。

女性のお友達に送る感覚で男性にLINEを送ってしまうと、ウザく思わるこがあるので、気をつけましょう。では、男性が嫌だと感じるLINEの内容とはどのようなものだと思いますか?

「時間ができたらLINEしてね」

もともと男性にとってLINEはただの連絡の手段でしかありません。なのに、女性はそのLINEの内容や回数によって、どれだけ好意あるかを判断してしまいますよね。カップルであれば、どれくらい愛してもらえているかのバロメーターになっていませんか。

「忙しい男性に必要以上に連絡をしてはならない、嫌われては困る」と考えて「時間ができたらLINEしてね」と伝えるものの、やっぱりどうしても相手をしてほしいのが女性の本音。

そのため、本当にずっと連絡がないと「なかなか連絡をくれないなんてひどい!」といったような怒りをぶつけてしまう傾向があります。

こんな時は「忙しいのは分かっているけれど、早く会えたら嬉しいな。連絡ももらえたら嬉しい!」といった言い方をする方が断然スムーズにいくはずです。

「もういいよ!」

好きな男性に質問のLINEを送ったのに既読のまま返事がない場合や、彼がデートで行くレストランの予約を忘れてしまっていたような場合に、女性は「もういいよ!」といって怒ってしまいがちです。

男性はこの言葉通り「特に大きな問題じゃなかったんだな」と考えて、特にその後に謝罪するようなことはしないかもしれません。これが文字でのコミュニケーションの難しいところです。

そして女性の「もういいよ!」は、どうでもいいのではなく、「悲しかった、思い通りにしてほしかった」という気持ちが込められています。ただ、男性に言葉の裏を読むことは求めないほうがいいでしょう。素直に悲しい気持ちを伝えたほうが男性もわかりやすく、誠実に対応してくれるはずです。

まとめ

女性は時に回りくどい言い方で気持ちを表現してしまいがちです。素直でストレートな言葉を使ったほうが、男性には伝わりやすいのです。男性にとっては女性の気持ちがわからないので、ケンカに発展する可能性もあります。気をつけましょう。