ずっと楽しみにしていた彼氏とのデート!なのにドタキャンしたくなってしまうのは、なぜ?

付き合って関係は良好。これといって不満はないし、彼氏のことは大好き!なのに、デートの日が近づくと「デートに行きたくないなあ」「なんでデートの日をこの日にしちゃったんだろう」と憂鬱になってしまう女性って多いんです。どうしてでしょう?

デートが近づくとドタキャンしたくなるのはどうして?

彼氏ではなく友達でもいいのですが、ドタキャンをされたことはありますか?理由が体調不良だったり、急用だったり、仕方がない理由だとしても「え!?なんでドタキャンするの?」と思ってしまいませんでしたか?

もし、このようなドタキャンをされた側の立場に立った経験がなく、今お伝えしたような気持ちを実感したことがない人は「ドタキャンを甘く見ている」傾向があります。「時間が空いたんだから、好きなことできるでしょ?」「他の友達と遊べばいい」なんて思っていませんか?

ドタキャンをされた気持ちを味わった人は、どれほどドタキャンが相手の予定を乱し、楽しみにしていた気持ちも踏みにじってしまうのかを知っています。だから「そう簡単にドタキャンはするものじゃない」と思えるのです。ここが、まだ理解できてないのかもしれません。

もしかすると「幸せ恐怖症」かも

デートの日は、よほどのことがない限り、楽しい時間になると予想できますよね。その時、あなたはとても幸せな気持ちになるでしょう。そして、その気持ちを味わいたくて、デートの日を心待ちにしていたはずです。

けれど、あなたでも気づかないレベルで「私は幸せになってはいけない」と思ってしまっていると、デートの日をぶち壊したくなってしまうのです。自分の意志とは反対のことを、自分自身がしてしまう。おかしなようなのですが、あなたは幸せになることあが怖くて怖くて仕方がないのです。自分が幸せになることに許可が出せていないのかもしれません。

どうしてもドタキャンしたい時はどうする?

人の心は複雑なもの。ドタキャンがいかに良くないことか頭で分かっていても、心が追いつかない時もあるでしょう。どうしてもデートのドタキャンをしたくなった場合は、相手に納得してもらえる理由を伝え、できるだけシンプルに伝えましょう。

ただ「高熱がでてしんどいの」「おなかが痛くて動けないの」といったような、彼氏に心配させてしまうような理由を伝えるのは避けるべきです。また、彼氏にはきちんとドタキャンをしたお詫びを次のデートでなにか伝えられるといいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

大学1回生で知り合った男性と結婚をし、20年間ほぼ毎日一緒にいます。もちろん仲の良い時ばかりではありませんが、学んでいる心理学を参考にし、良い関係を築けています。みなさんにも幸せな女性になってほしいと思っています。