彼氏が危険サインを見せ始めたら要注意!あなたはどう対応すればいい?

付き合いたての頃はお互い緊張したり、必要以上に気を遣ったりして初々しいものですが、付き合っている年月が経つごとにその雰囲気は薄らいでいきます。良い意味で「信頼しあえている仲」になっていることもあれば、実はそうではないケースもあるのです。そんな時、あなたにできることは、どのようなことでしょうか。

連絡の回数が減り、返事に愛想がなくなる

付き合いたての頃が頻繁に連絡を取りすぎていて、それが普通のやりとりの回数になったのであれば信頼を得た証拠でしょう。しかし、数日または数週間も連絡をとらないようであれば、それは問題です。彼氏の中であなたへの気持ちが薄らいでいるかもしれません。

連絡の回数が減るだけではなく、例えばLINEの返事も「はい」「わかった」などのそっけない文面になっているのであれば、要注意だといえます。彼氏に寂しい気持ちを伝えてみましょう

約束を破ったりドタキャンを繰り返す

デートの日が近づくと「急に用事が入ったから」とか「昨日から体調が悪くて直らない」だとか。いろいろな理由で、あなたとのデートを直前になってキャンセルする行動が彼氏に見られるようになると、要注意です。どの連絡も、電話での連絡ではなく、LINEでたった一言だけ・・・となると、あなたもさすがにムッとしませんか。

その感覚は当たっているかもしれません。彼氏はデートを面倒に感じたり、友達と会うことを優先したりすることでドタキャンしている可能性もあるのです。頻繁であればあるほど、可能性はさらに高まります。

つまり、ドタキャンの頻度は、あなたの優先度が低くなってしまっている証拠なのです。ドタキャンが続くようであれば、1度きちんと本音で話し合った方がいいでしょう。

一緒にいる時に退屈そうな態度を見せる

デート中もスマホを触って話に集中してくれなかったり、あくびをしていたり、面と向かって話してくれなくなったりしているなら、彼氏の気持ちは冷めているのかもしれません。

彼氏も大人です。相手の気持ちを考えたうえでの行動がとれるでしょう。それなのに、このような態度が続くということは、あなたが不快に感じることを分かりながらしているのです。あなたも今後のことを考える必要があるでしょう。