え・・・!?どうして涙がでるの?セックス中に泣けてしまうあなたの本当の気持ち

愛を確認し合うセックスのはずなのに、なぜか泣けてしまうという女性は少なくありません。どうして泣いてしまう女性がいるのでしょう。

涙って、どういう時にでるもの?

そもそも、私たちが泣いてしまう時ってどんな時なのでしょう。セックス中は彼氏の愛が感じられたり、勘定が高ぶったりすることで涙が出る時もありますが、これ以外の理由で泣けてしまうことも。

ウィリアム・H・フレイ博士によると、涙がでる原因は以下の3つです。

  1. 基礎分泌による涙

眼球が乾くのを予防し、潤いを与えるためにでる涙

2.情動性分泌による涙

嬉しさや悲しさといった感情によってでる涙

3.刺激性分泌による涙

玉ねぎの刺激や、目にゴミが入ったことによる反射的な涙

では、セックス中に涙が出るのは、どのケース?

そして、セックス中に涙がでるという現象は、このなかでも「情動性分泌による涙」に当てはまります。もしくは、セックスで体が受けた刺激が激しい場合は「刺激性分泌による涙」だとも考えられるのです。

また、防衛本能が強めの女性の場合は、セックスの相手が誰であるのかは関係なく、自分の体を男性に委ねるということによって涙が出てしまう場合も。体は、たとえ好きな相手であっても、服従させられていると捉えてしまうのです。

セックス後に涙がでちゃうことも

楽しくセックスの時間を過ごしていたのに、セックスが終わると涙がでてしまう女性もいます。これは、「ポスト・セックス・ブルー」と呼ばれる状態のことを指します。セックスをしたことに対し、嫌悪感、不安感、憂鬱感を抱いてしまうのです。

まだ詳しいことは判明していないのですが、このような状態は、たとえ恋人との関係がラブラブであっても、セックスがとても濃厚な時間であったとしても起こるものです。ある説によれば、セックスによる女性ホルモンの変化によって引き起こされるといわれています。

セックスに直接関係がないので、あなた自身も驚いてしまいますし、彼氏はショックを受けるかもしれません。けれど、誰にでも起こるようなことなので、そんなに深刻にならないで大丈夫。彼氏には「あなたの愛が伝わってきて嬉しいの」と伝えられると良いですね!

 

miraではこのようなコンテンツも多く配信していますので、ぜひオリジナルサイトでもご覧になってくださいね!