なんかもう冷めてしまった。彼のことが好きじゃないと思ってしまった瞬間3選

皆様、こんばんは。彼のことが大好きで大好きで、彼のことばかりを四六時中考えていて、夢中な時期。しかし、恋愛はいつもそのような状態でいるわけはなく、突然冷めてしまう瞬間があります。あれほど好きだったのに、やっぱりもう無理!全然好きでなくなってしまったという瞬間を本日は3つご紹介したいと思います。

会うのが面倒だと感じた瞬間

交際初期は次はいつ会えるのだろう、とワクワクしてドキドキして会える日を指折り数えていたものの、交際期間が長くなると、会うのが面倒になることも。「別に会わなくてもいいか」と感じたり、「そろそろ会わないとやばいけど、面倒」と感じた場合、危ないサインです。会うのが嬉しいではなく、面倒だと感じてしまった場合、その関係がマンネリ化していることが多いでしょう。

スキンシップを取るのが面倒だと感じた瞬間

彼のことが大好きな時は、彼とたくさんのスキンシップを取りたいと思うもの。しかし、関係が長くなってくると、デートで手を繋ぐのも煩わしくなり、もちろんキスもセックスもしたくないと思うことも。気持ちが冷めてしまうと、彼から触れられること自体に嫌悪感を覚えたり、しまいには視界に入ってきて欲しくないという方もいました。

連絡すら取りたくないと思った瞬間

彼からLINEが来た時、返すのが面倒だと1日程度放置するのも危険なサインです。大好きな彼からの連絡は嬉しいはずなのに、面倒でスタンプだけで返信したり、既読スルーをする場合、愛情が冷めているサインかもしれません。

おわりに

本日は彼のことが冷めてしまったと感じる瞬間を3つご紹介しました。うしても交際期間が長くなると、人は飽きてしまうもので、彼のことをぞんざいに扱ってしまうことがあります。しかし一度は好きになった相手ですので、もう一度好きな部分をたくさん見つめてみたり、マンネリを脱出するために、二人で新しいことに取り組んだりと工夫をしてみることが大切です。二人の関係がまた良好なものになりますように。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨