「今日は彼に愚痴を聞いてもらいたい」彼に話を聞いてもらえる上手な話し方とは?

皆さま、こんばんは。普段、元気はつらつと頑張っている人でも、時には彼に愚痴を聞いてもらいたいと思う時もありますよね。ただ自分が話したい時に話したいことを話してしまうと、彼にも彼のペースがありますので、話を聞いてもらえなくて余計辛い気持ちになってしまうことも。そこで本日は彼に話を聞いてもらうための上手な話し方についてご紹介します。

彼が何かしている時には話しかけない

彼がテレビやスマホを見ている時には彼に話しかけないようにしましょう。彼が何か作業をしている時も同様です。男性はマルチにタスクをこなしにくいと言われており、何かに集中している時はそれに夢中ですので、あなたの話には耳を傾けてくれない可能性が高いです。話しかけるタイミングはとても大切で、できるだけ彼の機嫌が良く、時間が空いている時に話しかけるのがおすすめです。

「相談に乗ってもらってもいいかな?」

何か愚痴を言う時に突然、愚痴が始まるとげんなりしてしまう男性も多いもの。そうならないためにまずは少し明るいトーンで「相談に乗って欲しいんだけど」と切り出しましょう。男性は解決策を見つけるということが得意ですので、最初に相談があると言えば、解決策を探ろうと思ってくれることが多いです。

最初に結論を話すこと

女性はどうしても話を物語のように1から始めて10まで話すことが多いですが、しかし結局何が言いたいのかが分からないとイライラしてしまう男性もいます。そこで、最初に結論を話すようにしましょう。今日こんなことがあって(手短に)、こう思った。どうすればいいかな?のように相手に分かりやすいように話すことがとても大切です。

おわりに

本日はパートナーに愚痴を聞いてもらうための方法を3つご紹介しました。男性は会話をあまり重視しない人も多いので、話を聞いてくれない人もいると思います。ただこうしたコツを上手に使うことで、彼に話を聞いてもらえる可能性が高まれば嬉しいです。本日もお読みくださり、ありがとうございました。

 

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓