失恋がツライのは、どうして?その理由と効果が期待できる斬新な立ち直り方法

あなたは失恋した悲しみからまだ抜け出せずにいるのですね。失恋は、恋人が恋人ではなくなったという事実に加え、あなたが相手を愛せなくなったことが何よりもツライのではないでしょうか。

そんな失恋がツライ理由を詳しくお伝えし、斬新な立ち直り方法も伝授します!新しいあなたに変わるために、前に進むために、また新しい恋をするために、ぜひこの方法であなたの笑顔を取り戻してくださいね。

失恋をした原因が自分にあると責めてしまうから

いつでも連絡をしようと思えばできていた存在の恋人。週末はデートをしていろんなところに行き、たまには旅行にも行ったりして、思い出をたくさん一緒に作った人。そんな人が、笑顔の裏で不満を溜めていたなんて、その原因が私だったなんて。

こんなふうに、あなたは自分責めをしてしまっていませんか。後から「もっとこうしておけば良かった」「あの時、こんなふうにできていれば良かった」と思うことあるかもしれません。でも、それは今そだからこそ言えること。その時にはその時のあなたなりに、一生懸命、自分なりに頑張っていたのではないでしょうか。

あなたの想いがうまく伝わらないこともあります。恋人が理解しようとしてくれない姿勢を貫けば、あなたじゃなくても分かり合うことは難しいものです。そんなにあなたを責めるのは、もうストップしませんか。これ以上、苦しむことはやめましょう。

斬新な失恋からの立ち直り方法って?

スイスの大学による研究結果で、人は失恋をして立ち直るまでの間には、1年間という時間が必要だといわれています。これは、およそ9,000人の失恋をして傷ついた男女を3年もの間調査し続けたことにより得られたデータです。

では、この1年間、どういう過ごし方をすることが、最もあなたを癒してくれるのでしょうか。

失恋をすると、恋人からもらったプレゼントや写真、連絡先まで消去をして忘れ去った方が良いということを聞いたことはありませんか。これは、王道の失恋からの立ち直り方法だと考えられがちなのですが、実は逆効果であったりします。

 

むしろ、別れた恋人からもらったプレゼントや写真は捨てずに残し、きちんと現実に目を向けることの方が、失恋の傷は早く癒えるといわれているのです。これらの物を捨ててしまい、連絡を絶てば、あなたの周りから恋人の影はなくなるでしょう。

ただ、恋人の影がなくなるのと同時に、恋人があなたにしたこと、あなたの心の傷もなくなってしまうのです。あなたは心の傷にフタをして、過去の記憶を美化してしまうでしょう。「こんなことをしてもらった」と、良い思い出しか思い出さなくなってしまいます。これでは、前に進めませんよね。