告白のショックから気持ちが切り替えられない!そんな時の対処法とは?

あなたが好意をもった男性に告白をしたとしましょう。けれど、精一杯気持ちを伝えたものの、その気持ちが伝わらないこともあるでしょう。恋愛はふたりでするものなので、ひとりだけが好きだという状況では成り立たないのです。

とても悲しいことですが、受け止めなければいけません。では、このツライ気持ちをどのように考えて乗り切ればいいのでしょうか。

とことん悲しんで泣きまくる!

決意をして自分の気持ちを伝えたのに、それを受け入れてもらえなかったわけですから、傷つかないはずがありません。これは、ごく自然なことです。そのため、無理に「元気にならなくちゃ!」とか「こんなことでずっと落ちこむなんて」といったように、自分を責めてしまうのはストップしましょう。

自分の心の声に、もっと耳を傾けてあげることに専念するのです。泣きたければ、気が済むまでとことん泣きましょう。何日でも何十日でも構いません。泣くことで、あなたの心の気持ちは少しずつ整理されていくはずです。

ここでおすすめなのが、聴く曲も明るいテンポの曲ではなく、失恋ソングなどを聴くことです。無理に明るいテンションの曲を聴く必要はありません。

聴いていて落ち着くのであればいいのですが、無理に明るくならなければと強く思い過ぎた気持ちから起こる行動は失恋の傷の癒しどころか、反対に傷に塩を塗るようなものだとえます。

家族や友達と接する時間を大切にする

あなたの気持ちは男性に伝わらなかったかもしれませんが、あなたのことを大切にしてくれる存在の人はたくさんいます。例えば、家族や友達など。

そして、このような人達とたくさん一緒に過ごして「自分は大切にされている存在」という実感を味わいましょう。その間に、失恋が起こった出来事はあなたが悪いわけではなく、ただの相性だったということがわかるはずです。

習い事や初めてのことにチャレンジする時間を作る

なにか夢中になれそうな習い事に通ってみるのは、どうでしょう。料理教室であれば同じような年代の友達がたくさんできるでしょう。今、人気のゴルフであれば、異性との出会いがあるかもしれません。

一旦、告白をした男性のことを深く考え続けてしまうような時間を、あえて避けてみるのです。その間に、現実の時間的にも、あなたの気持ちの中でも、告白のことは過去となっているでしょう。そして、あなたはより魅力的な女性に変化しているはずです。