「3」がつく時期はカップルが別れやすいって本当?

3か月、3年などの「3」がつく時期に別れるカップルが多いという噂を耳にしたことはありませんか。では、この「3」がつく時期には、どのようなことが起こりやすいのでしょうか。

素の自分がだせる時期

付き合う前や、付き合ってすぐの頃は、お互いに「嫌われたくない!」と思って、無意識のうちに少し背伸びをして言動します。ところが3ヵ月や3年も経てば、素の自分を出しても大丈夫な関係になってしまうのです。これは、マンネリに近い状態かもしれません。

付き合い始めた頃は頻繁にしていた連絡も回数が減り、3年も経てば誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントも最初の頃よりも感激が薄れていくでしょう。これは、お互いが素の自分を出して相手のことが信頼できているからこそ、起こるのですが、カップルのうち1人がそのことに納得ができなければ、ケンカへと発展してしまう可能性があります

彼氏よりも友人を優先してしまう

付き合ってすぐの頃は、頭の中が彼氏のことでいっぱいでしょう。友人とのお誘いとデートの日が重なってしまったら、おそらくデートの方を優先していたはずです。けれど、ふたりの関係が安定すればするほど、友人からのお誘いを優先してしまうようになります。「デートの日にちなんて変えればいいよね!」となるわけです。

ただ、カップルが安定している状態であることと、友人が彼氏よりも大事な存在であるということは別問題です。いつも友人との約束を優先してしまっているようであれば、あなたは彼氏の魅力を見つけられない状態にあるのかもしれません。愛情があれば問題ないのですが、1度自分のこころの声を聴いてきましょう。

相手の欠点ばかりに目が向いてしまう

付き合う前などは、一言、言葉を交わせるだけでドキドキしていたはずです。それが時間の経過とともに、相手の悪いところにばかり目が向いてしまって不満がたまりやすくなるのです。

もちろん彼氏にはいいところもあります。おそらく彼氏の性格が変わったわけでもないはずです。それなのに、このように見えてしまうのです。彼氏もあなたと同じ感情を抱いてしまっているかもしれません。

不満はいずれ要求へと発展するでしょう。それを彼氏が受け入れてくれるか、あなたが受け入れられるかどうかによって、カップルでいることができるかどうかが決まります