「愛される彼女」になりたいなら絶対にしてはいけないこと!

好きな彼の彼女になれたからといって、自分のことばかりを考えていたら恋愛は長続きしません。そして、彼もあなたを愛さなくなっていくことでしょう。では、ずっと「愛される彼女」でいたい場合は、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

LINEを送るタイミングは相手に合わせる

普段の彼の行動を知っていれば「今は仕事中だろうな」とか「もう寝ている時間だろうな」といったことはわかるはずです。それなのに、彼氏が仕事中や就寝中に「何してるの~?」と呑気なLINEを送れば、彼氏はどう感じるでしょうか。

「今、LINEしないでよ!」と思うはずですよね。愛される彼女は、彼氏の行動に合わせ「今はお昼休みだろうからLINE しようかな」「今日は休日って言っていたからLINEしようかな」といったように、彼氏の立場に立ってLINEを送っているのです。自分が送りたいからといって、LINEを送ることはやめておきましょう。

彼氏が浮気をしているのではないかと不安になったとき

彼氏に異性の友達が多い場合や、誰に対しても優しく接するような人柄の場合、もしかして浮気されているのではないかと不安になることはあるでしょう。

けれど、ここで彼氏を疑いの目で見てしまうか、彼氏は浮気なんてする人じゃないと信頼できるかによって愛される彼女でいられるかどうかが決まります。

一般的に男性は束縛されることを嫌う傾向がありますので、頻繁に連絡をしたり、浮気していないか直球で聞くようなことは避けましょう。どうしても気になる場合でも「浮気しちゃったら許さないよ!」くらいの冗談交じりで対応するようにしてくださいね。

まとめ

大好きな彼氏だからこそ頻繁に連絡をとりたいと思ったり、浮気を疑ってしまう気持ちはわかります。けれど、愛される彼女は、彼氏を信じることを1番大事にします。男性もまた「彼女に信頼されている」と感じると、彼女により尽くしてあげたくなるものなのです。

iOSアプリダウンロードはこちらから↓