意外なところに繋がりが!食欲と性欲は密接な関係があるって知ってる?

食欲が性欲に関係があるなんて、意外すぎてビックリしてしまいませんか。けれど、これは事実なのです。では、食欲と性欲の関係は、どのようになっているのでしょう。男性と女性、それぞれの食欲と性欲の反応についてお伝えします。特に女性は、この関係性を知っておくことが重要です。その理由もまとめています。

男性はおなかが減っている時に性欲を感じやすい生き物

男性と女性が、どのような状態の時に性欲が高まるのかということが研究されています。そして、その研究結果によると、男性は空腹の状態の時に性欲を感じやすいといわれています。女性は後ほどお伝えしますが、また男性とは違います。これは、脳の視床下部にある性欲が関わる中枢の位置が違うために差がでるのです。

男性の場合、この性欲が関係している性欲中枢が、食欲と関係している摂食中枢のすぐ近くにあるのです。なので、おなかが減っている時には、さらに性欲が高まりやすいといわれています。レストランで食事をした後は、すぐにセックスをするのではなく、少しショッピングや映画などを楽しんでからホテルに行くのがおすすめです。

女性はおなかがいっぱいになっている時に性欲を感じやすい生き物

先ほど、男性と女性の性欲の高まりには違いがあるとお伝えしました。女性の場合は、男性とは反対で、おなかがいっぱいである状態の方が性欲は高まりやすいといわれています。女性の場合、食欲がまず満たされ、それから性欲に意識が向くのです。

男性はおなかが減っている時に無我夢中でセックスをしたいと思う一方で、女性はおなかがいっぱいになって安心できた時、セックスをしたいと思う気持ちが高まります。これも、脳の作りが違うからこそ起きる現象です。

ただ、女性は気を付けたいところがあります。おなかがいっぱいになると性欲が高まるので、恋愛がスムーズにいかない時は、性欲を満たせないぶん食欲で紛らわせようとしてしまうことがあるのです。暴飲暴食に走ってしまい、急激に太ってしまい、余計に自分を苦しめてしまう傾向も。この点だけは、気を付けるようにしておきましょう。