彼氏と長く付き合うために忘れちゃいけない「4つの心がけ」とは

「長続きするカップルはどうしてなのだろう」と一度も考えたことがない人はいないのではないでしょうか。
特に今までの交際がすぐ終わってしまってばかりの人は自分たちと長続きするカップルの違いはどこにあったのだろうとつい考えてしまうのではないでしょうか。

恋愛においてパートナーと自然体で付き合うことはとても大事なことです。
しかし、パートナーと良好な関係を続けるためにはそれなりの心がけも必要です。
今回はパートナーと長く付き合うために忘れちゃいけない4つの心がけを紹介していきます。

約束を守る


これはカップルならずも、人付き合いをしていく上で最も大切にしなければいけないことです。
付き合いが長くなってくると、恋人の口約束を忘れてしまいがち。
そして、大好きな彼も約束を破ることへの抵抗感が薄れていき、約束を守るほうが珍しくなります。
こうしてすれ違いの日々が始まり、最後は破局へ。。。となってしまいます。

長続きするカップルは約束をちゃんと守り、そして些細な約束でも忘れたりしません。
例え口約束でも、約束をするときは「その約束を本当に守れるのか」をちゃんと考えて、守れないと思ったらちゃんと断りましょう。
そして一度立てた約束は何があっても守りましょう。

出来ない約束するならば、しない方がいいです。きちんと断ってください。
もしどうしても約束を果たせない時はきちんと謝罪して断りましょう。
出来ればLINEで済ますのではなく、電話にしましょう。そして代替日を提案することを忘れずに。
逆に、きちんと説明したのに許してくれないのは相手に問題があるでしょう。

きちんと話をしても彼がドタキャンを繰り返すようならば愛情が薄れている可能性が高いです。
酷な話になりますが、関係を見直したほうがいいかもしれませんね。

近すぎず遠すぎない距離感

よく恋愛コラム等に「しつこく連絡するのは重い」など“しつこい”ことがネガティブに書かれています。
これはしつこく連絡するな!ということではなく適度な距離を保ちましょうということです。

すぐ別れてしまうカップルほど、相手を束縛したり、愛情を常に求めてしまい、どんどん窮屈にさせていってしまいます。
特に恋愛経験が少ないうちは、彼しか目に入らない!という状況になりがちです。
彼のすべてを知って、自分の生活のすべてを彼で満たしたい……。けれど、そんな恋愛は長続きしにくいもの。
求めあいすぎると、段々と居心地が悪いと感じるようになり、やがてここから逃げ出したくなるのが心理というものです。
恋人と長く付き合いたいのならば、適度な距離感を意識するようにしましょう。

お得なクーポンはこちらから↓

では適度な距離感とはどういうものなのでしょうか?
それは相手に干渉しすぎず、程よい距離を保ち、お互いに自分の時間を持つことだといえるでしょう。
程よい距離感を保てるという関係は、互いに信頼している証。
無理のない恋愛をすることが一番ですね。

必要以上に責めない。心から許すこと

付き合っているからには、何かしら衝突をすることもあるでしょう。
彼と揉めた際、そのケンカが「お互いの理解をさらに深める」のか、「関係にヒビを入れただけになる」のかは、ケンカの仕方次第だと思います。
自分が悪い時は謝るのが普通ですが、彼が全面的に悪かった場合は必要以上に責めないことをお勧めです。

彼に対してイライラする気持ちはわかりますが、怒りに任せて一方的に攻め立てるのもいかがなものかと思います。
彼の行動にはすべて彼なりの理由があります。
何も聞かずがーーーっと彼を責めるのではなく、理由を聞いてから善悪の分別を付けるのもよいのではないでしょうか?

彼が謝ってくれるのであれば許すのではなく、理解してあげるようにしましょう。
そのためにはとにかく相手の話に耳を傾けましょう。

もちろん本当に誤っているのか、あなたの怒りを鎮めたくてとりあえず謝っているのかわからない人もいますが……彼が心から反省しているのなら許してあげることです。
関係を続ける上で、許す心がないというのは致命的ですから。今後も一緒にいたいと思うのなら、彼が反省したらそれ以上引きずらずに許しましょう。
どうせ一緒にいるなら、ケンカしている日よりも、笑顔の日が多くありたいものですよね。

どんなときでもお互いに正直であること

程度の大小は別として、けんかをしないカップルなどいません。
けんかをするといや~な雰囲気になりますよね。でもけんかって意外とお互いへの愛情を再確認するいいきっかけになことを知っていましたか?

言い合いになると最初はイラッとするかもしれませんが、それは互いに素直な気持ちをぶつけている証拠。
言いたいけど言えないことだってたくさんあるはずです。溜め込むのではなく、けんかをいいきっかけにしましょう。感情の赴くままぶつけてみてください。
それさえ乗り切れば「やっぱりこの人でよかった」とお互いが思えるはずです。

そのコツはお互いがお互いの不満を正直に言い合うことです。ここで言い合えないと不満をため込んでしまって危険な状態です。
けんかのあとは、いつも以上に相手を愛おしく感じられるためにもお互い正直に思っていることを言い合えるようになりましょう。

おわりに

今回はパートナーと長く付き合うために忘れちゃいけない4つの心がけを紹介していきました。
大切なのはお互いがお互いのことを思いやって付き合うことではないでしょうか。
こちらの記事を参考にいつまでも仲が良くなれるような関係を築けたら良いですね!

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓