肌がキレイになると人生が変わる!↓




目指せ恋愛対象! LINE交換後に仲良くなるための5カ条

LINE交換は、好きな人とお近づきになる第一歩! でも、舞い上がってしまったために、逆に恋を遠ざけてしまうミスをしてしまうこともあります。LINEを交換したら、まずは恋愛対象になることを目指しましょう! そのために大切な5つのことをご紹介します。

LINEは上手に使ってこそ恋につながる!

気になっている人、好きな人とのLINE交換。正直、やったー! と、心の中でガッツポーズをしてしまいませんか? きっと、これからいろんなメッセージをやりとりして、会話をして、お互いをしって、そのうちどんどん仲良くなって、いずれは……。そんな妄想が捗るかもしれません。

でも、恋愛対象になるためには、自分がしたいときに、送りたいメッセージを送るだけでは×。男性心理を把握して、上手に恋愛の雰囲気に持っていくLINE術をご提案します。

恋に導くLINE・五か条

恋につながるLINEの仕方は、男性心理を理解することがスタート! LINEの使い方次第で、ただの友達になるか、恋に発展するかが変わってくるかもしれませんよ!

毎日LINEを送らないこと!

好きな人とLINE交換ができた! そんなときにこそ犯しやすいのが、「毎日LINEを送ってしまう」というミス。もちろん、それに気兼ねなく応えてくれる男性もいるかもしれません。でも、LINEを交換した直後では、相手の男性がマメかどうかもわかりませんよね?

たとえ、毎日LINEを交換してくれたとしても、「本当はマメじゃないけど、相手がLINE好きなので、ちょっと頑張って合わせてくれている」だけなのかもしれません。これだと、いずれ相手の男性は疲れてしまうので、恋愛対象になるのは難しくなりますよね。

また、もし相手がマメな男性だとしても、毎日LINEで楽しく会話をする。それだけの関係になってしまう恐れもあります。得てして、「いつもあるもの」は、「特別」にはなりにくいものです。(恋愛感情という特別なものがすでにある交際中などは別ですが)

返事はOK,自分から控えめに

なので、LINEを交換した後は、返事はOKですが、自分からは毎日送らないほうがベターです。2,3日1回程度、LINEで会話する時間がある、くらいのほうが、ちょくちょく相手の意識に自分をアピールできるのでおすすめです。

「今日はLINEこないのかな?」「あ、今日は来た!」と意識してもらうこと。この「意識」が増えて、強くなれば、恋愛対象への道が開けます!

意味のある質問をしよう!

狩猟本能が残っている男性にとって「会話」は「情報交換」の意味合いが強いものです。男同士の会話は特にそうでしょう。これは、狩りをするときに、獲物の位置や風向きなど、必要な情報のみを選別する本能が残っているからと言われています。

もちろん、相手が女性なら、相手に合わせてくれますが、あまりにも意味のない「なにしてるの?」「そうなんだ~」という会話が続けば、知らず知らずのうちにうんざりさせてしまう可能性もあります。

「へ~!」「なるほど」を言わせよう!

そこでおすすめしたいのが、「意味のある質問」。言い換えると、掘り下げる会話です。条件を変えたり、自分を客観的に見つめ直したりできる会話なら、あらたな発見をしたり、理解を深めたりでき、男性は楽しく感じます。

そのついでに、女性ならではの気持ちや、自分の情報をチラ見せしていけば、おのずと彼は、あなたに興味をもってくれるはずです。彼の気持ちをひきよせることができれば、恋愛対象になる可能性も高くなってくるでしょう。

自撮りはなるべく控えよう

もうひとつ気を付けたいことは、自撮りの送り方です。結論から言えば、LINE交換直後は、あまり自撮りを送らないほうがベターです。もちろん、相手とすでにいい感じ、つまり、恋の雰囲気があるようなら、好印象かもしれませんが、まだまだ知り合ったばかりなら、自撮りは刺激が強すぎるかも。もう少し仲良くなってからのほうがおすすめです。

また、相手から求められることがあっても要注意。相手は純粋な気持ちかもしれませんが、後々付き合うことになったとしても、「無条件で彼の要求に応じる(尽くす)彼女」になってしまうかもしれません。そういうお付き合いは、得てして長続きしないものです。また、付き合ってもないのに、どんどん過激な自撮りを求めてこないとも限らないので、相手を良く見極めてたいですね。

デートに繋げることを意識して

LINEでたくさん会話したとはいえ、やっぱりデートができるようにならなければ、お付き合いまで持っていくことはできません。デートにつなげるためにも、デートの手がかりを会話の中にちりばめることを意識してみてください。

たとえば、彼の好きなものと、自分の好きなもので共通するものがあれば、それを楽しめる場所の話題を出してみるなどです。彼から「じゃあ一緒に行く?」とのお誘いがあれば大勝利! ですし、「○○くんと一緒にいったら楽しそう!」と、誘ってサインを出すのもアリですね!

LINEでの会話はLINE限定に!

相手が、職場や学校など、普段会う相手であれば、LINEでした会話や話題は、実際顔を合わせたときは話さないのもテクニックのひとつ。そうすることで、LINEでの会話が、ふたりきりでの会話のようになり、少し特別感を演出することができます。

もちろん、相手から話を振られた場合は応えてOKです。そのときは、「あ、そうだ、また○○の話しよう」「前言ってた○○、また教えて!」と、LINEでする会話を"予約"しておくのも、帰宅後のふたりきりの会話をするきっかけになるでしょう。

ポイントは意識をコントロールすること

LINEを交換して、普通に話しているだけでは、恋に発展しないかもしれません。LINEを送る頻度やタイミング、質問の仕方、話題の流れ、実際の会話を絡めた話題の選び方などを、上手にコントロールしてみましょう。自分への意識を、少し特別なものに感じさせ、それを繰り返していけば、恋の雰囲気を盛り上げることができるでしょう!

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓