恋の黄色信号!? 男性が密かに「合わないな…」と思う瞬間・5つ

ふと「彼氏の本音」が気になることはありませんか? 今回は、男性が密かに「合わないな…」と思う瞬間をご紹介します。相性が悪いと仕方ないのでしょうか。それとも愛情で解決できるのでしょうか。いまのうちに、彼の本音を読み取る準備をしておきましょう。

付き合っているのになぜ? 男のホンネ

女性に比べると、男性は恋愛感情が揺れ動くことは少ない反面、「可愛い」や「スタイルがいい」など、自分にとって彼女が自慢になるかどうかを気にする傾向があります。もちろん、お付き合いの中で愛情は育まれていきますが、付き合うきっかけに関しては、自尊心を満たしてくれるかどうかが、大きく関係しているといえるでしょう。。

しかし、付き合いだすと、やはり外見よりも内面が重要になってきます。結果、「可愛い彼女だし手放したくないけど、やっぱり合わないな…」と考える現象が生まれるわけです。

彼女との相性が悪いと感じる瞬間5つ

では、彼氏が「彼女との相性が悪い」と感じる場面には、どんなものがあるのかご紹介していきます。どれも共通しているのは、男性がその場では「キミとは合わない」とは言えないシチュエーションだということです。

話し出すタイミングが噛み合わない

会話中、彼が「そうだよね、そういう…」と話し出すタイミングで、彼女が「だからね、○○だったの!」と被せてしまうなシチュエーションってありそうですよね。

自分の発言がさえぎられることが多い。あるいは、逆に彼女があまりすぐに自分の意見を言わず、自分が発言しようとしたタイミングで彼女が話だし、結果、発言を遮ってしまう…。こうした、話し出すタイミングが噛み合わないとき、男性は相性が悪いと感じるようです。

もし、心当たりがあるなら、彼氏の話をまず聞くよう心掛けるか、「私から言ってもいい?」とタイミングを尋ねると、話し出すタイミングが合わないことで、モヤモヤするのを避けられるかもしれません。

LINEのトーク画面が偏っている

「さて、仕事も終わったし、彼女のLINEでも…」と除いた瞬間、画面をスクロールしないと見れないほど連投されていたり…。あるいは、返事1つに対して、5つも6つもメッセージが来るなど、LINEのトーク画面が偏っていると、「なんか合わないのかも…」と感じることがあるようです。

一度、LINEのトーク画面を見直して、彼に「受け取る負担」を無意識に増やしてしまっていないかどうかを確認してみましょう。好きな気持ちがあふれているときこそ、要注意ですよ。また、信頼を築くという点では、返事にスタンプを多用するよりも、丁寧に自分の言葉を伝えるほうがおすすめです。

テンションが理解できない

一緒にいるときのテンションに差がありすぎると、どうしても疲れてしまうのは、女性のみなさんも同じ感覚なのではないでしょうか? とはいえ、男性の場合、「なぜそんなにテンションが高いのかわからない」というように、彼女が興奮したり落ち込んだりしている理由がわからないとき、相性が悪いと感じるようです。

「すごい!みてみて!」といわれても、正直なにがすごいのかわからなかったり、「別に、今日はそういうのいいや…」と、テンションが低い理由がわからなかったり…。

もし、自分の心がいつもと違うなら、彼氏にその理由をがんばって伝えてみましょう。なぜそんな気分なのか? という理由がわかれば、彼氏も安心できますし、あなたが心地よく感じる気遣いもしてくれるはずです。

下ネタのボーダーラインが違う

カップルであっても、下ネタはときに相手の気持ちを冷めさせることがあります。彼氏から彼女に言うとしても、彼女から彼氏に言うとしても、下ネタの相性が悪いと、会話が神経質になってしまいます。

彼氏としてはちょっとおふざけで言ったことに対して、彼女が不機嫌になってしまったり、彼女の発言を、彼氏が下品だと感じたり…。そんな、下ネタの相性が悪いとき、あからさまに顔には出さないとしても、「合わないな」と感じてしまうことがあるようです。

割とあなたから下ネタを言うことが多いなら、「こういうの言われるのイヤ?」と聞いてみるのはいかがですか? 彼の不満が溜まる前に対策が打てるかもしれません。また、彼の下ネタに敏感に反応してしまう場合は、「なぜ嫌なのか」を自己分析して、それを彼に伝えてみましょう。意外と、ちょっとした言い方の問題かもしれません。

二言目には「でも」と言われるとき

…自分の意見を言うと、「でも、○○もいい」や、「でも、○○はダメだよね」が多い。

自分の意見を伝えることは大切です。言いたいことも言えないようでは、長続きも難しくなってしまいます。ただ、意見の「伝え方」には注意が必要かもしれません。たとえば、彼氏が自分の意見を言うと、「でも、○○もいい」や、「でも、○○はダメだよね」と、彼氏の発言を否定したり、落ち度を指摘したりはNG。

それが事実であっても(事実だからこそ)、彼はいろいろな意見を言いにくくなってしまいます。彼女の言ってることはわかるんだけど、どうも話すたびにガッカリした気持ちになるとすると…。「彼女とは相性がわるいのかもしれない」と、彼氏が思ってしまうのも無理はありません。

まずはしっかり彼の話に耳を傾けて、まずは共感をして、長所は褒めて、提案する形で彼に意見を伝えてみるのはいかがでしょうか。

言葉を出す前に一時停止してみませんか?

どのシチュエーションも、ケンカになるほどではありませんが、ビミョーな気持ちのモヤモヤが蓄積していってしまいます。これが重なると、いずれ距離を置くことや、別れを考えてしまうことになりかねません。

彼氏に言葉を伝える前に、一時停止してみましょう。「あ、こういう言い方じゃなくて、こう伝えた方がいいかも」というのが自然に判断できるようになれば、二人の絆はもっともっと強くなっていくはずです!

iOSアプリダウンロードはこちらから↓