もう一度やり直せる? 復縁成功率を診断します!

いろいろあって別れたけれど、やっぱりやり直したい! そう思ったときに気になるのが、復縁成功率ではないでしょうか? 実は、復縁とはいうものの、それは新しいお付き合いでなければ成功しないと言われているんです。いったいどういうことなのでしょうか?

復縁は「やり直し」ではない!?

復縁とは、確かに別れた元彼と、もう一度付き合うことです。でも、本当に望んでいるのは「別れた結果になった付き合いをもう一度繰り返すこと」ではないはずです。それだと、結局また悲しい思いをすることになりますよね。

「復縁したい!」と思ったとき、本当に望んでいるのは、「今度は別れることのないお付き合いをすること」ではないでしょうか? つまり、以前とは違う、新しいお付き合いのつもりで復縁を考えなければ、本当に望むものは手に入らないというわけです。

復縁「成功」に必要な4つのポイント

<a href="https://pixabay.com/ja/users/Pavel-Jurca-3841851/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=1878750">Pavel Jurča</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=1878750">Pixabay</a>からの画像

元彼とまた付き合うだけでなく、その後もずっと幸せになることを復縁の「成功」と考えるならば、単に連絡を取り合う以上のことが必要です。やるべきことをやり、ここぞというタイミングでアクションを起こすことも大切になってきます。

別れたきっかけ(別れ方)

まずチェックしておきたいのは「別れたきっかけ」です。これはさまざまあるでしょう。性格や価値観が合わなかったとか、どちらかが浮気したとか、お金がらみかもしれません。どうあれ、別れた「原因」はあるはずですから、同じ結果になるのを避けるため、その原因を良く分析する必要があります。

復縁をするにしても、どちらかに未熟なところがあれば成長しなければなりませんし、次はどのくらい妥協する必要があるのか、相手にどうしてもらう必要があるのかを、しっかり整理して、復縁の際は、ちゃんと話し合わなければなりません。

また、別れ方も重要ポイントです。ケンカしてお互い興奮した状態で別れたのか、何度も話し合いを重ね、お互い納得した上で別れたのか。ケンカ別れだと、相手が今どう思っているかが読みにくいでしょう。何度も話し合いを重ねたなら、その分、「復縁して幸せになれる、説得力のある根拠」が必要になります。

別れてからの時間経過(冷却期間)

復縁でよく言われる「冷却期間」とは、別れてから3か月から~半年は連絡を取らない(コミュニケーションを遮断する)期間のことです。冷却期間の目的は、お互いが冷静になること。別れ後は、なにかと気持ちが不安定ですし、冷静な判断を下せる状態とは言い難いでしょう。

また、一時の寂しさから元彼に連絡をとっても、彼が「わかった! やり直そう!」と言ってくれる確率は低いケースが多いというのもあります。元彼にも「寂しい」と思ってもらってからアプローチしたほうが、復縁の成功率は高くなるというわけです。

連絡を取らない間に、元彼に新しい彼女ができる可能性もあるため、少し勇気が必要かもしれません。ただ、一度特別な関係になって別れたということを忘れないでください。「付き合った」「別れた」という言葉以上に、ふたりの関係はデリケートなものなのです。復縁した後幸せになるためにも、冷却期間は必要と言えるでしょう。

相手と自分の変化・成長

復縁後に幸せになるためには、「新しいお付き合い」にすべきですが、そのためにはお互いが変わっていなければなりません。同じままのふたりがまた付き合っても、同じ結果になることは、すぐにイメージできますよね。

別れた後、自分の言動をふりかえり、「もっと○○な自分になろう」として、努力して変わることも、復縁するためには必要なことです。ある部分では、しっかり成長していなければならいでしょう。自分だけでなく、元彼も変化や成長をしていなければなりません。

そうして変わったふたりがまた会って付き合えば、以前の失敗は繰り返さない、より理想に近いカップルになれるというわけです。もちろん、復縁を持ちかける際も、以前とは違う・成長した自分を元彼に見せられれば、「今度はうまくやっていけるかも」と思ってもらえる確率は高くなるでしょう。

彼からのアプローチがあるか

残念ながら、最初に彼と恋に落ちたときと同じく、ふたりとも「また付き合いたい」と思っていなければ、復縁はかないません。逆にいえば、別れた後、彼からのアプローチ(連絡)があるとすれば、復縁できる可能性は高くなります。

理想的なのは、冷却期間を置いたのち、お互いに変化・成長を経て、元彼から「一度会って話がしたい」「やりなおしたい」ともちかけられるパターンです。そんなドラマチックな展開があるわけない……、と思いつつも、やっぱり0%ととも言いきれません。彼からのアプローチがあったときに、自信をもって会うためにも、別れた後の自分磨きはしておきたいですね。

復縁成功率を高めるポイントのまとめ

<a href="https://pixabay.com/ja/users/Mireyaz02-11668688/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=4037471">Mireya Zhiminaicela</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=4037471">Pixabay</a>からの画像

復縁したい! と思ったならまずこの4つをチェックしてください。

①別れたきっかけを分析できているか? 彼の感情を傷つけるようなケンカ別れをしていないか? ②別れた後の冷却期間(3か月~半年)が経過しているか ③冷却期間中にお互いに変化・成長をしているか? ④彼からのアプローチがあるか?

OKな項目があるほど、復縁成功率は高くなりますよ。とにかく焦りは禁物です。目的はただやり直すことだけでなく、「復縁した後幸せになること」。これを忘れずに、今できることをして、元彼との復縁を目指しましょう!

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓