肌がキレイになると人生が変わる!↓




3回目のデートで恋人になろう! 初デートから告白までの戦略プラン

恋人未満から正式な彼女になれるかどうかは、告白のタイミングが重要です。それなりに相性がよくても、デートをいつまでもダラダラ続けていると、そのタイミングを逃してしまうかも!? 初デートから3回目のデートで恋人になるための戦略プランをご紹介します。

戦略ナシのデートはもったいない!?

まず、大前提として、デートを楽しむことは基本です。あくまでもその上での戦略ということでお話をします。この戦略は、言い換えるなら1回目~3回目のデートを、告白までの1本のデートと考えること。

デートをしてるということは、お互い惹かれ合っていますし、ある意味一番ドキドキする恋人未満を楽しめる時期。とはいえ、同時に不安も大きく、ついつい「脈なしかも…」と、悪い方向へ考え、心に保険をかけてしまいやすい時期でもあります。

つまり、この初デートを含めた恋人未満の期間に、お互いの不安が期待よりも大きくなってしまう前に、告白までもっていくことが大切。それこそが、恋人未満から恋人同士になれるタイムリミット。逆に言えば、3回目のデートは、期待がピークになりやすいため、告白する・されるのに絶好のタイミングだということです。

初デートから告白までのステップ

では、初デートから告白まで、どのようなステップを踏めばいいのでしょうか。1回目、2回目、3回目のデートで、それぞれ意識したいことを取り上げていきます。冒頭でも述べたように、もちろんデートを楽しむことは大前提ですよ。

1回目:「またデートしたい」と思わせよう!

1回目のデートでは、何よりもまず2回目のデートにつなげることが大切です。確かに、魅力を伝えるとか、心を惹くことも必要ですが、「あ、この子とは過ごしやすいな」と感じてもらえることを目標にしてみましょう。一緒にいるときの過ごしやすさは、「またデートしてしたい」につながります。

気合を入れすぎないようにしましょう。たださえ緊張もしているでしょうし、意気込みすぎると、なんだかぎこちないだけでデートが終わってしまうかもしれません。自分自身がこの初デートを楽しむことが大切です。

相手の方からデート中に2回目のデートに誘われるのは、まさに理想の形でしょう。とはいえ、相手が誘うタイミングを逃してしまうこともあり得ます。そんなときは、自分から誘うとまではいかなくても、「○○とかも一緒にいってみたい」「○○くんとなら楽しめそう」などと、誘ってサインを出すのもおすすめです。

2回目:相手にとってのオンリーワンを目指す

恋人未満とも呼べそうな、2回目のデートにこぎつけられたなら、相手にとって「オンリーワンの存在」を目指しましょう。ぜひ、「あ、他の子とは違うな」と彼に思わせたいところ。そう思わせることができれば、彼が他の女の子とデートをしていたとしても、彼の中であなたの意識が高まり、次第に優先順位がアップするでしょう。

もし、他にも恋人未満の子がいて、あなたと同じような状況だとしたら、まさにサバイバル! どれだけ彼に「特別」を感じさせられるかが勝負の分かれ目です。2回目のデートができたなら、1回目のデートで好感触だったのは間違いなし。恋人候補として意識されていることと思います。

ここぞというところで個性をアピールしてください。「優しい」「気遣いができる」といった、基本的な魅力に加え、「楽しいときは思いっきりはしゃぐ」「感動しやすい」「ちょっとツンデレ」などでもOK。自分の性格からして、より自然な個性を見せて、彼の記憶に強く自分を残しましょう!

3回目:「この子しかいない」と確信させる!

いよいよやってきた3回目では、2回目で感じた「他の子とは違う」を、「やっぱり俺にはこの子しかいないな!」と確信させられるかどうかが、勝負のポイント。

彼にとって特別な女性であることを確信させることができれば、告白の成功率もグンとUPしますし、告白される可能性も高まります。確信させるためにも、2回目のデートでアピールした個性を、もう一度見せておくのがおすすめ。その上で、「私もあなたしかいないよ」という気持ちを、上手に伝えられれば完璧です!

告白のタイミング:思いっきり匂わせておくのが◎

いよいよ告白するときがやってきました。告白こそ、まさにタイミングが成功の鍵を握っています。告白は、ビックリさせると戸惑わせてしまい、不安を生み、相手に決断を渋らせてしまうこともあります。

3回目のデート中、「今日はちょっと雰囲気違うな…」と思わせておくのが下地になります。2回目のデートまでは言わなかったことを言ってみる、というのもおすすめです。そうすれば、相手に「もし告白されたらどう返事しよう」と考えてもらうことができ、告白を受け止める用意をさせてあげることができるでしょう。

彼が心の中で、「あ、やっぱり来たか~!」という思う告白ができれば、OKをもらえる確率がグンとアップするでしょう!

予定調和こそ告白成功のカギ

もちろん、相手の方から告白されることも期待していてOKです。初デートから2回目、3回目のデートですから、会話の呼吸や反応の仕方も、お互い掴めてきているはず。と、同時に、初デートの頃より、ずいぶん打ち解けていることでしょう。

その上で、ちょっとふたりきりになったタイミングで、彼をじっと見つめる。声のトーンを落として、自分をどう思っているか尋ねるなど、「告白が来そうな雰囲気」を出していきます。

そうすれば、「告白する? いや、される!?」という予感がお互いに強くなっていきます。そして、案の定告白。これはある意味予定調和かもしれません。むしろ、告白を予定調和にできれば、より確実に恋人になれるということ。狙いを定めて、戦力的に初デートから告白までこぎつけましょう!

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓