肌がキレイになると人生が変わる!↓




嫉妬で辛い…! ヤキモチさんでも幸せになれる恋の仕方

恋は幸せな気持ちにもなりますが、同時に生み出してしまうやっかいな感情が「嫉妬」。すぐに嫉妬してしまうヤキモチ焼きさんだと、好きになればなるほど辛い気持ちになって悩んでしまうことも。嫉妬しやすくても、幸せになれる恋の仕方をご紹介します!

嫉妬ってどうしてするの?

そもそも、嫉妬ってどうしてしてしまうんでしょうか? それは、一言でいうなら「不安」です。自分にとって、彼氏や好きな人は、唯一無二の存在ですから、それを失う不安にかられてしまうことがあります。そうなると、不安にさせる人物、行動、考えなどに「嫉妬」という攻撃的な感情が生まれるわけです。

そう考えると、嫉妬の原因である「不安」そのものは、「相手を大切に思っているから」なので、悪い感情ではありません。ただ、生まれた不安への心理的対処の仕方を間違えてしまったときに、良くない嫉妬という感情が生まれ、辛い気持ちになってしまうのです。

どんなときに嫉妬する?

では、あなたはどんなときに嫉妬してしまいますか? 言い換えるなら、どんなときに「恋人を失ってしまう」or「大好きな人を取られる」という不安にかられますか? どんなときに不安になるか(=嫉妬してしまうか)を、客観的に把握しておきましょう。

それができているかいないかで、嫉妬心を上手に処理できるかどうかが変わってきます。つまり、嫉妬を上手に処理できれば、ヤキモチ焼きさんでも、幸せになれるということです!

まずは、最近嫉妬したことがあるなら、どんなときに嫉妬したかを紙に書いてみましょう。 なんとなく不機嫌だった日は、自分でも気づかないうちに嫉妬心が顔を出していたのかもしれません。「あ、そういえば○○してるのを見てイラッとしたんだった!」と、あらためて気づくこともありますよ。

嫉妬と上手に使う方法

では、具体的に嫉妬とは、どのように付き合っていけばよいのでしょうか? 嫉妬への対処法を3つご提案します!

誰にどうしてほしいか書いてみる

まずは「嫉妬の対象」と「どうしてほしいのか」をハッキリさせてみませんか? 一言に「嫉妬」といっても、対象はひとつとは限りません。元カノだったり、女友達だったり、同性の男友達にさえ嫉妬していることもあります。あるいは、元カノ自体というより、彼が元カノの物を捨てていない、その心理に嫉妬している、なんてこともありますよね。

「嫉妬の対象」も紙に書いて、ハッキリさせておきましょう。そして、その次に「どうしてほしいか」も書きます。ここは正直でOK。「元カノと縁を切ってほしい」「全部捨ててほしい」「友だちより自分を優先してほしい」など、ワガママでもいいので、自分が素直にしてほしいことを紙に書いてみましょう。

本当に望んでいることを見つける

2番目のステップは、先ほど書いた「してほしいこと」が、実現したらどうなるかを考えることです。「元カノと縁を切る」「友だちより自分を優先してもらう」といったようなことが、本当にそうなったら? を想像してみてください。果たして、幸せな気持ちになれるでしょうか?

もし、そうしてもらっても、満たされた気分にならない、イマイチ幸せに感じないとしたら……。もしすると、本当はもっと違うものを望んでいるのかもしれません。

つまり、本質は嫉妬の対象・現象が解消されることではなく、彼から愛されているという実感がほしいだけのかもしれません。それが物足りないため、嫉妬となって、現実的ではない不安や被害妄想を助長していることもあり得ます。

シンプルな希望を叶えるために行動する

嫉妬の対象や、本当に望んでいることがなんなのか考えていくと、とても複雑で厄介に思えてきますよね。でも、そんなときこそ嫉妬とは正反対の、幸せに感じる瞬間を思い浮かべてみましょう。ただ一緒にいるときや、彼の笑顔を見れたときなど、意外とシンプルなことではないでしょうか。

そのシンプルな幸せのために、なにができるかを考えて、そして行動しましょう。自分の心を見つめて、嫉妬心に向き合った上で、幸せのために行動できたなら、自分を好きになれます。自分自身の「好き」を信じることができていきます。そうすれば、幸せが嫉妬心に負けることはなくなっていくでしょう。

嫉妬を上手に受け入れたとき幸せになる

嫉妬が全くなくなることは、おそらくこれからもないでしょう。好きな人のことですから、嫉妬はしてあたりまえです。でも、大切なのは、恋をする中で、どの感情をピックアップして、育てていくか。

「嫉妬しても大丈夫だよ」と、自分の恋心を安心させてから、幸せのイメージのほうを膨らませてください。そして、してもらうことより、してあげる気持ちを育てて、幸せになるための一歩を踏み出しましょう。

 

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓