おすすめ失恋ソング5選。つらいときに思いきり泣ける歌【邦楽】

誰もが人生に一度は経験する「失恋」。大好きだった彼との別れや片想いが実らなかったとき、何もやる気が起きないほど落ち込んでしまうこともありますよね。今回はそんなときにこそ聴きたい邦楽失恋ソングを5曲ご紹介します。心に響く音楽で思いきり泣きましょう。涙を流すことで得られる効果も参考にしてみてくださいね。

泣くことでスッキリする理由

 

 

失恋したとき、もっとつらくなる気がして泣くのを我慢しようとしていませんか?実はとことん泣くことによって、かえって心を落ち着かせることにつながります。それは涙を流すと副交感神経が作用し、リラックスした状態になれるから。悲しい気持ちや後悔の気持ち、この先への不安なども涙で洗い流すことでスッキリします。傷を癒やしたり心の健康を保つには、泣きたいときに泣くことがとても大切なのです。

なかなか泣けないときは、まず音楽を聴いてみよう

 

 

それでも泣けないという人もいると思います。悲しいはずなのになぜか涙が出ないこともありますよね。そのような場合は、一度音楽を聴いてみるのをおすすめします。歌詞に自分の感情を重ねることで、堪えていた気持ちが自然に溢れてくるかもしれません。少しずつでも前を向けるよう、泣けるだけ泣いて心を癒やしてあげてくださいね。

邦楽の泣ける失恋ソング5選

おすすめの失恋ソングを、近年リリースされたものから懐かしいと感じる楽曲まで5曲ピックアップしました。MVや歌詞を見ながら、それぞれぜひ聴いてみてくださいね。

Official髭男dism「Pretender」(2019年)

 

 

参照:Official髭男dism 公式YouTube

indigo la End「心雨」(2016年)

 

 

参照:indigo la End 公式YouTube

DREAMS COME TRUE「ねぇ」(2010年)

 

 

参照:DREAMS COME TRUE 公式YouTube

宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」(2004年)

 

 

参照:Hikaru Utada 公式YouTube

m-flo loves YOSHIKA「let go」(2004年)

 

 

参照:m-flo 公式YouTube

どうしようもない気持ちは音楽と涙で洗い流そう

どの楽曲も切なく、失恋した心に響く歌詞です。歌詞と状況が重なれば、聴いているだけで涙が溢れてくるかも。自分の気持ちに寄り添ってくれる音楽を聴き、感情の赴くままに泣いて心をスッキリさせてあげましょう!