"CCクリーム"使ってる?気になる塗り方・キレイに仕上げるコツを徹底解説

CCクリームについて詳しく知ろう

いつの時期も手が抜けないのがベースメイク。出来れば手軽に、手早く、尚且つ美しく仕上げたいですよね!CCクリームはファンデーションよりもベースメイクを仕上げる工程が少なく、軽く自然な仕上がりな物も豊富。お肌を労りたい人・ナチュラルメイク派さんからも注目を浴びているようです◎そんなCCクリームの塗り方とキレイに仕上げるコツをマスターして、ベースメイクも楽して楽しみましょう♪

手軽にキレイにメイクしたい!ファンが急増中なのがCCクリーム♡

CCクリーム、使ってる?

https://www.instagram.com/p/COSPta1F2D-/

みなさん"CCクリーム"って使ってますか?今回は気になる塗り方・キレイに仕上げるコツを徹底解説!ファンデーションよりもライトで、ノンカラーな日焼け止めよりも機能性の高いCCクリームを日々のメイクに取り入れてベースメイクをもっと手軽に美しく仕上げてみて♪

 

【CCクリームとは】

CCクリームについて詳しく知ろう

https://www.instagram.com/p/CMthr6CF3ZF/

CCクリームとは一般的にカラーコントロール(Color Control)の略。メーカーやブランドによって定義は異なっており、ケアコントロール(Care Control)の略としているCCクリームもあるようです。

どちらも主に・スキンケア・日焼け止め・肌補正など多数の機能を兼ね備えたクリームのことを指します。形状はチューブタイプのものが多く、プチプラコスメブランドからもたくさん発売されているので手に取りやすいアイテムなのではないでしょうか♪

ほとんどのものが肌色をしていて、肌トーンを上げてくれる役割をします。シミやほくろ、ニキビ跡などの濃い色の肌悩みをピンポイントに隠すというよりも“広範囲に塗って肌のトーンを均一にして肌を綺麗に見せてくれる”アイテムです。

その性質からツヤ感のある仕上がりや瑞々しいテクスチャーのものが多く、保湿力や美容成分が含まれているものも◎

CCクリームは“時短をしたい・ナチュラルな仕上がりにしたい・乾燥肌”の方におすすめです。

 

 

【ファンデーションとの違い】

ファンデーションとCCクリームの違いとは?

https://www.instagram.com/p/CBKIVqoF-Po/

一般的にファンデーションはスキンケアの後、日焼け止め・カラーコントロールなどの化粧下地を塗った後に塗るもの。形状もパウダー、リキッド、クッションタイプなど様々で、仕上がりやつけ心地、好みやTPOに合わせて質感などを選ぶことができます。

それに対してCCクリームはスキンケアの後に使用するもので、日焼け止めやカラーコントロール効果、さらにファンデーションのように肌色がついていてベースメイク効果があり、CCクリーム1つで全行程が済むので重ねる工程が少ない分仕上がりも自然で、軽くナチュラルな雰囲気に仕上がるのも魅力的。とにかくとても手軽です◎中にはメイクアップ効果だけでなく、スキンケア効果も兼ね備えているものもあり、「洗顔の後はCCクリームのみ!」という方も。

 

 

 

【BBクリームとの違い】

BBクリームとCCクリームの違いとは?

https://www.instagram.com/p/B08NeRcDurZ/

BBクリームとは、「Blemish Balm」の略。傷や火傷などの後を隠すバームという意味合いの名前がつけられています。

そんなBBクリームは、CCクリームと同じようにスキンケアの後に肌に塗って使うアイテム。BBクリームは、主に日焼け止め・カラーコントロールなどの化粧下地、コンシーラー、ファンデーション効果の機能を持っていて、CCクリーム同様1つでベースメイクを完成させられます。

CCクリームとの大きな違いはそのカバー力。シミやほくろ、ニキビ跡など濃い色の肌悩みをカラーすることに長けていて、中には肌の凹凸をカバーできるものも◎カバー力が高い分メイクをしっかりしている仕上がりになるので、好みや用途にとって選んだり使い分けたりするのがおすすめです◎

 

 

【CCクリームのメリット】

CCクリームのいいところはナチュラルな仕上がり♡

https://www.instagram.com/p/CBczzJRlAaZ/

先述しましたが、CCクリームの良いところは何と言ってもその手軽さとナチュラルな仕上がり。洗顔後1アイテムの使用でベースメイクが仕上げられるのがメリットですね。手軽だからこそ時短にもなり、アレコレ重ねない分ナチュラルな仕上がりが叶います◎

瑞々しくツヤタイプの仕上がりが多く、乾燥に悩む方にとっては使いやすいアイテムだと思います♡

 

 

【CCクリームのデメリット】

CCクリームはコンシーラーほどカバー力はない

https://www.instagram.com/p/CDRHM6blEC-/

逆にCCクリームのデメリットはカバー力に長けていないところ。肌全体のカラーコントロール効果やトーンアップは叶いますが、濃い色のシミやニキビ跡などは隠すのが得意ではありません。また、ベースメイクで隠したいお悩みにも多く挙げれる毛穴などの凹凸を隠したいという方にはあまりおすすめできません。シミやニキビ跡などのピンポイントで隠したい濃い色の肌悩み・毛穴の凹凸などがある方はCCクリームよりもBBクリームの方がおすすめ◎

 

 

【もっとキレイに仕上げたい♡CCクリームの塗り方】

CCクリームについて詳しく知ろう

https://www.instagram.com/p/CMthr6CF3ZF/

手軽にベースメイクが叶えられるCCクリーム。とはいえ、その仕上がりは塗り方ひとつで左右されるのがベースメイク。せっかくメイクするのなら、CCクリームの良いところを最大限に引き出してみませんか?ポイントはCCクリームの塗り方&ほんの一工夫♡でもっとキレイに、ナチュラルに仕上げましょう!

 

  1. 塗る前にはスキンケア推奨!

CCクリームを塗る前はスキンケアで保湿をしっかりと◎

https://www.instagram.com/p/CMhSZ61F2Vl/

CCクリームの中にはスキンケア効果が充実していて洗顔後すぐに使えるタイプのものもありますが、可能であればスキンケアをしてからCCクリームの使用をおすすめします。CCクリームの使用前にスキンケアをしっかりすることで保湿力が上がり、化粧崩れ・乾燥防止にも◎

さらに、スキンケアをしてからすぐではなく、すこし時間が経ってからCCクリームを塗るとムラになりにくいですよ♪

 

  1. CCクリームは点置き→伸ばす!

CCクリームでベースメイクをもっと時短に♪

https://www.instagram.com/p/CNpJK8kllW9/

CC クリームを塗るときは、肌の一箇所に乗せてただ伸ばすのではなく、少しずつ点状に置いて塗り広げて伸ばすようにしましょう。このとき、CCクリームを一度手の甲に出すと分量が調節しやすくておすすめです。

パール1〜2粒くらいを指やスポンジに取り、おでこ・両頬・鼻・顎などにちょんちょんと置いて、それをすこしずつ伸ばしていきます。

 

  1. 顔の中心から外側に向かって塗る!

ファンデーション派も惹かれるCCクリーム

https://www.instagram.com/p/CFe0OxKFlhJ/

ベースメイクアイテムを顔に塗る時に気をつけたいのが塗る方向。顔の中心から外側(フェイスライン)に向かって塗ることで厚塗りを防ぎます。こうすることで顔の中心部はしっかり、外に向かって程よく薄く自然とグラデーションになり、よりナチュラルな仕上がりに◎塗り終わった後に調節するのは難しかったり二度手間になってしまうので、最初に塗る段階からほんの一工夫するだけで仕上がりのキレイさと手軽さに差が出ます♡

この塗り方は全てのベースメイクに応用できるので、普段から塗り方をクセづけておくととても楽です♪

 

【すぐに実践!CCクリームをもっと綺麗に塗るコツ♡】

  1. 仕上げはスポンジで

CCクリームの仕上げはスポンジがおすすめ◎

https://www.instagram.com/p/BxAGuv9FnTw/

指やリキッド用ブラシでも塗ることができるCCクリームですが、おすすめしたいのがスポンジ塗り。特に、指やブラシ、スポンジなどどんな塗り方をしたあとでも仕上げにスポンジで全体をならすことにより塗りムラを解消できます。スポンジで“仕上げに磨く”イメージで、擦らずに優しくトントンと馴染ませてみてください。指やブラシ、スポンジの当て方で出来てしまった塗り残しや自分では見落としていたムラなどが解消され、より美しく仕上げることができますよ♪

また、厚塗りを防ぎ化粧崩れ防止にもなるので一石二鳥です◎

 

  1. 目・口・小鼻など“キワ”をよくぼかす

CCクリームはパーツのキワをよく伸ばして

https://www.instagram.com/p/CHZxA0TlucV/

意外と皆さんやらないのが“パーツのキワをぼかす”こと。目尻・目の下・ほうれい線や口角など口元のような動きのある部分や、小鼻など皮脂が出やすいところはよくぼかして厚塗りを防止します。ベースメイクを塗る段階であえて最初は塗らず、広い部分を塗り終わった後のスポンジに余ったCCクリームを軽くつけるくらいでも良いでしょう◎それくらい軽くつけることで、二重や目の周りの小じわ・ほうれい線などにCCクリームが溜まるのも防ぐことができます。同様にフェイスラインもぼかしておくのもおすすめ。喋ったり飲食をしたり、昨今ではマスクによる擦れなどもある部分なのでぼかしておくとメイクが崩れにくくなりますよ♪

 

  1. お好みでフェイスパウダーをオン

CCクリームにはお好みでフェイスパウダーを重ねて♡

https://www.instagram.com/p/CHdmQ1ol5MN/

CCクリームを塗った後に軽くフェイスパウダーをはたくことで、ベタつきを抑え、メイクが崩れにくくなります。こちらはお好みですが、もしフェイスパウダーを使う場合はパフではなく大きめのブラシでふわっと軽くなでるように塗布するのがおすすめ。CCクリームはみずみずしくツヤのあるテクスチャーのものが多いため、パフでフェイスパウダーを塗ってしまうと付きすぎてしまったり、CCクリームの良さであるナチュラルなツヤを消し過ぎてしまうことも。フェイスパウダーを使うときは極力ナチュラルに仕上げてみて♡

 

【今すぐ欲しい!ドラッグストアで買えるCCクリーム3選】

扱いやすく、手に取りやすいベースメイクアイテム・CCクリーム。今回は私が実際に使ってみて気に入った、1本でベースメイクが完成する・色ムラになりにくく使いやすい・ドラッグストアで気軽に買えるCCクリームを3点ご紹介します♡

 

 

1.毛穴パテ職人 ミネラルCCクリーム

ドラッグストアで買える!おすすめCCクリーム〈毛穴パテ職人〉

https://www.instagram.com/p/CHu2awuj0jL/

1,320円(税込)

ベースメイクといえば毛穴パテ職人をイメージする方が多いのではないでしょうか?「毛穴パテ職人 ミネラルCCクリーム」は1本で7役。肌色をしていてCCクリームの中ではかなりカバー力は高め。これひとつで凹凸を目立たなくさせる毛穴パテ効果、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、美容液効果、UVカット効果、肌ストレスブロック効果を実現させてくれます♡

 

 

2マジョリカマジョルカ ミルキースキンマスク

ドラッグストアで買える!おすすめCCクリーム〈マジョリカマジョルカ〉

https://www.instagram.com/p/B5m6a8plSq2/

1,320円(税込)

洗顔後、スキンケアからベースメイクまでこれ一本で完了できるカラーコントロールタイプです。みずみずしさが特徴的で、とにかく塗り心地が良いのが魅力的♡ミルキーなラベンダーとグリーンの2色展開。それぞれ塗ることでくすみや赤みを払拭してくれるので、トーンアップ効果を重視したい方におすすめです♪

 

 

 

3雪肌精 ホワイトCCクリーム

ドラッグストアで買えるCCクリーム!〈雪肌精〉

https://www.instagram.com/p/CMbv6dJgYCp/

2,860円(税込)

先述の2アイテムより価格は少しお高めですが、かなりおすすめしたいのが雪肌精の「ホワイト CCクリーム」。まるで色付きの美容液かのようになめらかなテクスチャーで、保湿力が高そうなぷるっとした肌に仕上がります。

“塗っている方が肌に良い”という和漢などの成分配合なのも嬉しいポイント!

 

【まとめ】

CCクリームを使ってみよう♡

https://www.instagram.com/p/B0gCAXPFU9R/

ベースメイクアイテムとして持っておくととっても便利なCCクリーム。塗り方もとてもシンプルで難しいことはなく、ほんの少しの一工夫で格段にキレイに仕上がります。元々はしっかりメイクしたいファンデーション派・しっかり肌悩みを隠したいBBクリーム派の人も一度使うと手軽さがら虜になることが多いんだそう♡魅力たっぷりのCCクリーム、ぜひお試しくださいね♡