ランコムの美容液で肌回復♡化粧品を使って美肌菌を増やそう!

chihiro*より引用

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!

キメやハリのあるお肌、肌荒れのないお肌は「美肌菌」というお肌の常在菌が、お肌を守ってくれているのを知っていますか?
お肌が乾燥したり、ヒリついた敏感肌になったり、ニキビがひどくなってきた。という方は、お肌を整えてくれる美肌菌が減っているのが原因。

美肌菌は化粧品で増やすことができるので、これから美肌菌を増やすのに最適な、人気の化粧品をご紹介していきます♡

美肌菌とはお肌を保護する大切な菌

顔のお肌には10種類以上の菌が存在し、お肌にとって良い菌と悪い菌があります。
良い菌は、お肌を健やかに保ってくれる「善玉菌」。悪い菌はお肌のトラブルの元となる「悪玉菌」があります。

美肌菌はお肌を健やかに保ってくれる善玉菌で、正式には「表皮ブドウ球菌」といわれます。お肌のバランスを整え、乾燥を防ぎ、お肌のキメを整えるのに重要な役割を持っています♡美肌を保つためにはこの「美肌菌」を増やしていくことはとても大切なんです。

敏感肌は美肌菌が不足している

ある化粧品会社の研究によって、敏感肌の人は美肌菌が少ないことがわかっています。

お肌のうるおいを生み出したり、キメを整えバリア機能を高める美肌菌。この美肌菌が不足していることで、水分量が減って乾燥をまねき、赤みがでやすくなってきます。
水分量が減れば当然、バリア機能も低下するので、敏感肌になってしまうケースがあるんです。

乾燥がひどい方や肌の赤みや痒みでお肌が敏感な方は、この美肌菌を特に増やしていく必要があります。

化粧品で美肌菌を増やそう

美肌菌を逃さない洗顔「ソフィーナ」

ソフィーナの乾燥肌のための美容液洗顔料は、美容液成分を配合した、お肌に優しい洗顔料です!

誰でも簡単に濃密な泡が作れ、弾力のあるクッション泡で、必要な皮脂は残し汚れを落としてくれます。乾燥を防ぎ、つっぱり感のないしっとりとしたお肌へと仕上がります♡

クチコミ

 

美肌菌に着目した敏感肌用化粧水「dプログラム」

dプログラムの化粧水は独自開発の美容成分を搭載し、美肌菌に着目して作られた、新化粧水乳液です♡
・アンバランスな肌
・ニキビができやすい肌
・乾燥しがちな肌
・年齢を感じ始めた肌
・シミやそばかすを防ぎたい時など
自分の肌悩みや肌タイプに合わせて選ぶことができます♡

dプログラムはデリケートな肌を考えた低刺激設計なので、敏感肌でも使える化粧水です♡

クチコミ

@out_of_paradeより引用

@m_soirより引用

 

ベスコス常連の美容液「ランコム 」

ランコムのジェネフィックアドバンスト美容液は、回復力がすごいと話題の美容液です♡
日本人のお肌に合うように開発された美容液で、とろみのあるテクスチャーがスッとお肌に溶け込み、美肌菌を育んでくれます!

洗顔後の化粧水の前に導入美容液として使えます♡

クチコミ

@fujicat_2より引用

@MARIA_cosmeloveより引用

 

メイクの上からも美肌菌を育むミスト「ラロッシュポゼ」

ラロッシュポゼのミスト状化粧水は、敏感な肌の人の73%が「肌が育まれた」と実感したミスト状の化粧水です♡
美肌菌の栄養素であるターマルウォーターにより、正常なお肌へと導きます。

化粧水の前やメイクの上からも使えます♡秋限定の下地とセットのミストは、単品価格と同じ値段でお得ですよ♡

クチコミ

@reeeee5cosより引用

@hana32840893より引用

美肌菌は減らさないようにするのも大切

洗顔の仕方を見直す

朝洗顔は美肌菌を逃すので「水洗いだけでOK」と聞きますが、この行為も敏感肌になってしまう原因でもあります。

夜仕込んだスキンケアは寝ている間にお肌の油分と混ざり合って酸化してしまいます。これを落としきれずに放置してしまうと、酸化物質がさらにお肌に刺激を与えてしまい、敏感肌へとまねいてしまいます。

朝洗顔をするときは、お肌に優しいマイルドな洗顔料で、しっかり泡だてて汚れを落としましょう。また、洗顔料は10秒ほどたったら洗い流すだけで汚れは落ちるので、長時間載せないようにしましょう。

正しい洗顔方法や、お肌に優しい洗顔料が知りたい方はこちらの記事もおすすめです♡

紫外線対策をしっかりする

お肌の老化の8割は紫外線と言われています。紫外線を浴び続けることで、お肌のバリア機能が低下し、当然美肌菌も減っていきます。

日差しを感じない曇りや家の中でも紫外線は降り注いでいます。目に見えない紫外線は特に、お肌の奥のコラーゲンや細胞を壊してしまうので、しっかり紫外線対策をして、美肌菌を保っていきましょう♡

生活習慣を見直す

睡眠不足や偏った食生活もターンオーバーやホルモンバランスが乱れ、美肌菌を減らしてしまいます。

お肌が再生するゴールデンタイムは午後10時〜午前2時の間と言われています。寝る前のスマホは避け、夜更かしせずにしっかり睡眠を取りましょう。

食事も油物や糖分が多いものは避け、バランスのいい食生活へと変えていくことで、美肌菌を保ち、増えていきます♡

まとめ

お肌にとって大切な菌、美肌菌は生活習慣や外部からの刺激、間違った洗顔方法などによって落としてしまいます。そんな美肌菌をキープするためにも、美肌菌を増やしてくれる化粧品を使って、生活習慣の見直しをしっかりし、美肌を目指していきましょう♡

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!