ベースメイクってどこまで?化粧の基礎を3つに分けて徹底解説!

「化粧のベースメイクって何!」と聞かれた時、すぐに答えられず悩んでいませんか?「ファンデーションとか化粧下地のことだと思う...。」と自信がない回答をしてしまいますよね。

そこで本記事では、ベースメイクって何?という疑問&正しいベースメイクのやり方を3つご紹介します。ベースメイクの基礎を知らないと、厚化粧をしているといった印象を受けたり、すぐ化粧崩れを引き起こす原因に繋がります。

最後にはベースメイクのオススメ動画もご紹介するので、ぜひ本記事を最後まで読み進めて、ベースメイクについて知識を深めてくださいね!

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/化粧ブラシ-メイクアップ-ブラシ-1761648/

そもそもベースメイクってどこまで?

この見出しでは「どこまで化粧することがベースメイクなんだろう?」という疑問を解決します。結論、ベースメイクとはスキンケア→化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダーまでです。

ベースメイクのやり方を知ることで肌が綺麗に見えるだけでなく、顔全体に立体感を出すことができます。次の見出しでは、洗顔後にするベースメイクの土台作りを解説していきます。

ぜひ本記事を最後まで読み進め、ベースメイクの知識を深めてくださいね。

正しいベースメイクのやり方①化粧下地

https://pixabay.com/ja/photos/メイクアップします-美容製品-1209798/

基本的にメイク前にはたっぷりと保湿しましょう。洗顔後の保湿が不十分だと、メイクのノリが悪くなってしまい、水分不足で化粧崩れの原因に繋がります。

洗顔を終え、しっかりと顔全体を保湿してから読み進めてくださいね!

この見出しからは、正しいベースメイクのやり方を3つご紹介します。1つ目はベースメイク前の化粧下地です。

化粧下地の塗り方は、おでこと両頬、鼻や顎へ5点置きし、肌の外側へ流すように塗り込んでいきます。洗顔後の保湿であまりにもベタつく場合は、下地を塗る前にティッシュで軽くベタつきをとってから塗りましょう。

正しいベースメイクのやり方②ファンデーション

2つ目はファンデーションです。化粧下地で肌を整えたら、ファンデーションを塗りましょう。今回は4つのファンデーションをご紹介します。

これからご紹介するファンデーションには、それぞれ特徴があるので、簡単にご紹介していきます。

①パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは持ち運びがしやすく、早く化粧直しをしたい方に便利なファンデーションです。肌のベタつきやテカリが気になる人は、パウダーファンデーションがオススメですよ!

②リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、水分や油分が多く含まれている液体状のファンデーションです。保湿力が欲しい方や乾燥しやすい人にはオススメですよ!

③ルースファンデーション

ルースファンデーションは、粉末状のファンデーションです。パウダーファンデーションより軽い仕上がりになるので、肌への負担を少なくしたい方やナチュラルに見せたい方にはオススメですよ!

④クリームファンデーション

クリームファンデーションは、しっかりと肌をカバーしてくれるファンデーションで、水分を多く含んでいます。乾燥肌の人やカバー力が欲しい方にはオススメですよ!

人によって肌質が違うので、あなたの肌質にあったファンデーションを選びましょう。次の見出しでは、ベースメイクの仕上げ「フェイスパウダー」についてお話しします。ぜひ参考にしてくださいね!

正しいベースメイクのやり方③フェイスパウダー

3つ目はフェイスパウダーです。フェイスパウダーの役割は皮脂や汗を抑え、メイク崩れを防ぐ役割があります。製品によってはツヤ感を出したり、紫外線をカットしたりしてくれるフェイスパウダーがあるんですよ!

しかしファンデーションと違ってフェイスパウダーにはカバー力がないので、ファンデーションを顔全体に馴染ませてからフェイスパウダーを使用しましょう。

ここまでがベースメイクの基本なので、次の見出しではYouTube動画でベースメイクのおさらいをして頂けたらと思います。

ベースメイクのオススメ動画で化粧のプロから学ぼう!

本記事でご紹介する動画は、元大手メーカー美容部員の和田さんという方の動画です。ニキビによる肌の赤みや、化粧崩れが気になる方にもオススメのベースメイク動画なので、ぜひ参考にしてくださいね!

まとめ

今回はベースメイクはどこまでなのかと、化粧の基礎を3つをご紹介しました。洗顔してスキンケアをした後は、その人の肌質にあった化粧品を使用しないと肌トラブルにも繋がるので、自分にあった化粧品を探しましょう!

肌の赤みやくすみ、ニキビや目の下のクマなどが気になる方は、コンシーラーを部分的に使用するのもオススメです。ぜひこの記事を参考にしてベースメイクの知識を深めてくださいね!

あなたのメイク力がより一層磨かれ、美しい女性に輝くことを願っています。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!