BBクリームとCCクリームの違いを知って目的別メイクを楽しもう♪

トップ画像引用:https://www.laroche-posay.jp/

1本で何役もこなしてくれるアイテムとして人気が高いBBクリーム&CCクリーム。時短メイクにも大活躍で使っている人も多いと思いますが、実際この2つの違いを聞かれるとよく分からないということはありませんか?

BBクリームとCCクリームには役割に違いがあり、目的によって選び方が変わってきます。

 

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームとCCクリームは役割に違いがあります。

  • 「BBクリーム」化粧下地+日焼け止め+フェンデーション
  • 「CCクリーム」化粧下地+日焼け止め+肌色補正

シミやそばかすが気になる人は、カバー力が高いBBクリームがおすすめ。血色よく見せたい人は、肌色補正が特徴のCCクリームがおすすめ。

目的や仕上がりのイメージによって選び方も変わってきます。

BBクリームの特徴

BBクリームとは「Blemish(傷)Balm(軟膏)」を意味すると言われ、もともと赤味や傷を隠すためのものとして開発されたので、カバー力の高さが特徴です。毛穴・シミ・そばかすといった様々な肌悩みをカバーすることに優れています。

「BBクリームのメリット」

  • カバー力に優れている
  • とにかく手軽&時短
  • メイク初心者でも使いやすい

フェンデーションや化粧下地の代わりとして使うことができるので、BBクリーム+フェイスパウダーだけで済ませられる手軽さで時短メイクができるのが人気です!

BBクリームの上からファンデーションを重ねる場合は、BBクリームが肌悩みをカバーしてくれるので、ファンデーションが厚塗りにならず、ナチュラルなメイクに仕上げることができます。

「BBクリームのデメリット」

  • テクスチャーはやや重ため
  • ファンデーションに比べ色の種類が少ない

BBクリームはカバー力に優れている分、使用感はやや重ためなので、塗る量が多すぎるとベタついたり厚塗り感が出てしまうことがあります。また、ファンデーションと比べて色の種類が少ないことから、BBクリームがうまく自分の肌色に合わないということもあります。

厚塗り感が出やすいBBクリームは、スポンジを使ってトントンと馴染ませるように塗るのがポイント。指で塗るよりもムダなく均一に塗ることができ、カバー力を発揮しつつ自然な仕上がりになります。

仕上げにフェイスパウダーを軽くのせれば、気になる重さやベタつきを解消することができBBクリームの持ちもよくなります。

おすすめのBBクリーム

敏感肌にも使える大人気のBBクリーム。シミ・色ムラなどの肌悩みをしっかりカバーし、ツヤのある自然で明るい印象に仕上げます。

ランコムの王道BBクリーム。独自のUVフィルターと素肌を優しく守る整肌成分でうるおい感が1日中続き、ひと塗りで明るいツヤ肌を演出してくれます。

CCクリームの特徴

CCクリームとは「Color(色)Control(調整)」を意味すると言われ、肌色補正が特徴です。全体的なくすみを飛ばして、透明感のある肌に見せることができます。

「CCクリームのメリット」

  • 肌色をコントロールできる
  • ナチュラルに仕上がる
  • 付け心地が軽やか

色ムラや毛穴をカバーしてくれるので、CCクリーム一つで肌色をキレイに演出しナチュラルな仕上がりにしてくれます。付け心地も軽やかで付けていることを忘れてしまいそうなほど1日中ストレスを感じないのでファンデーションが苦手な人にもおすすめのアイテムです。

「CCクリームのデメリッ」

  • カバー力は控えめ
  • 白浮きしやすい

CCクリームはBBクリームに比べるとカバー力は控えめです。つい肌悩みを隠そうとして厚塗りしてしまうと、白浮きして不自然に見えてしまう場合があります。CCクリームの役割は「肌色補正」であるということを覚えておくといいですよ。

CCクリームを顔全体に塗ったあと、気になる部分だけをコンシーラーで整えると、CCクリームの軽くてナチュラルな仕上がりを残しつつ、必要なところは部分的にカバー力を高めることができます。

ファンデーションで作り込むベースメイクよりも自然な印象を与え、程よく抜け感を残したナチュラルメイクに仕上がります。

おすすめのCCクリーム

透明感あふれる素肌美を演出しながら、肌色を美しくトーンアップします。ライト・ベージュ・ラベンダーローズの3色で肌色に合わせて選ぶことができます。SPF50+/PA++++

1本で「素肌がキレイな人」という印象が叶うCCクリーム。シャンパンベージュ・ナチュラルベージュの2色です。

 

併用もおすすめ

カバー力が高いBBクリームと、肌色補正力が高いCCクリームは併用することでお互いの欠点を補いつつ両方のメリットを活かすことができます。CCクリームで土台となる肌の色を整えてから、BBクリームで気になる部分をカバーすると美しいベースメイクが完成。

最後にフェイスパウダーをサラッとのせるとさらにツヤ感のある肌を演出できます。

 

おわりに

肌悩みをカバーしたい時はBBクリーム、肌色を補正したい時はCCクリーム。それぞれ役割が違う2つのクリームは、目的や仕上がりのイメージによって使い分けることができます。

1本で使うことも、両方を併用して使う事も、ファンデーションの下地にすることもできるマルチなBBクリーム&CCクリームは、持っていると大活躍間違いなしのアイテムですね♪

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨