危険じゃない!メイクいらずの眉アートメイク メリット・デメリットをご紹介

「メイクオフ後でも自信のある素顔にしたい!」という方には眉アートメイクがおすすめです。
汗や水による影響を受けず、2年~3年維持できるためメイクの手間も省ける魔法のような施術。

眉アートメイクに挑戦しようと思っている方や迷い中の方に向けて、眉アートメイクのメリット・デメリット、施術内容をご紹介します。

眉アートメイクとは

眉アートメイクとは皮膚に針を使って色素を注入することで、眉の毛量が薄い方やメイクなしでも自然な眉を演出する施術です。
眉アートメイクは「メイク」という名前が付いているため、気軽にできるようなイメージを持たれますが、実際は針を使った医療行為です。

タトゥーや入れ墨を同じようなイメージがありますが、タトゥーと入れ墨は肌への装飾なので真皮層という肌の深い部分に針を入れます。
一方眉アートメイクは自然な色合いに仕上げるために、肌の表面に近い表皮層に注入する施術です。
半永久的か、数年維持できる一時的なものかという違いがあります。

眉アートメイクは医師免許をもつ医師が施術を行いますが、医師免許をもたない者の施術によりトラブルを起こす危険性に注意しましょう。
またアートメイクを施すには手間ががかりませんが、除去が難しいため施術をするかどうかはよく考えて行ってください。

この施術に向いている人

  • 眉の毛量が少ない(ほとんどない)
  • メイクの手間を省きたい

眉の毛量はひとそれぞれであり、なかにはメイクを落とすと眉がほとんどなくなってしまうという方も少なくありません。

眉アートメイクをすることでメイクオフ後も眉の形が残り、水や汗による影響をうけなくなります。

この施術に向いていない人

  • 費用をかけたくない
  • 眉メイクを流行りにあわせている、こだわりがある

眉アートメイクはメイクではなく医療行為であるため、その分費用がかかります。
費用をおさえて眉をデザインしたい方はメイクで補うしかありません。

また眉アートメイクを行うと2年~3年は消えないため、眉メイクを流行りや気分に合わせて変えている方も不向きです。

メリット

  • 水・汗・メイクオフによる影響を受けない
  • メイクの時短につながる

眉アートメイクは直接皮膚に色を注入するため、水や汗などの外部による刺激の影響をほとんど受けません。

また眉の形は仕上がっているため眉メイクをする必要がなく、忙しい朝でも時短につなげられます。

デメリット

  • 医療トラブルのリスク
  • 数年は眉デザインが変えられない

眉アートメイクはサロンや個人店舗でも行えますが、針を使った医療行為であることを意識してください。医師免許を持たない者による施術により、皮膚の炎症や痛みなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

アートメイクは入れ墨を同じような施術のため、2年~3年ほど同じ眉の形です。
自由に変えられないことを留意してください。

眉アートメイクの施術内容

眉アートメイクにはマシン掘りと手彫りの2種類があります。

マシン掘りとは専用の機械を使って眉アートを施す方法です。
仕上がりは眉のなぞるように色付けするためのっぺりした印象になりがちですが、素早く施術することにより痛みが少ないことが特徴です。

手彫りでは人の手によって眉色を1本1本入れていくことにより痛みと時間がかかりますが、その分本物の毛が生えているような自然な仕上がりになります。

1.カウンセリング・問診

どんな眉デザインにするのか、眉アートメイクを行うにあたって肌に異常がないかどうかを確認します。眉アートメイクを一度施すと数年は変わらないため、不安なことや疑問点はこの段階で解消してください。

2.デザイン決定

眉のカラーや形を技術者と一緒に決めます。
ヘアカラーに合わせるか肌色や目の色にあわせるかどうかは、施術する医院によって変わるため確認してください。

仕上がりがイメージしていたものと違ったということがないよう、理想の眉写真を用意しておくとイメージが伝わりやすいです。

3.施術

眉の脱毛と色の注入の際に痛みがともないます。

一般的には麻酔なしでも耐えられるような痛みですが、不安な方は麻酔を希望しましょう。眉アートメイクは1度で完成するわけではなく2~3回に分けて徐々に染めていきます。

トータルの施術時間は1時間半~2時間ほどです。

眉アートメイクの費用

手彫りの場合は7万~12万、マシンでは3万~7万です。

眉アートメイクは2~3回に分けて行い、初回料金とそれ以降では異なる場合があります。また手彫りかマシン彫りかで異なり、マシン彫りの方が安いです。

費用を考えることはもちろんのこと、仕上がりについても納得できる範囲内の費用感で考えてください。

まとめ 

メイクオフをしても自信のある素顔になれる、眉アートメイクをご紹介しました。
汗や水による影響を受けないため、夏場のレジャーやお泊りのときのメイクオフでも恥ずかしくないことが一番のメリットです。

一度眉アートメイクを施すと数年は変えられないため、施術の際は細かいイメージをしっかり伝えてください。
トラブルにならないよう、施術を受けるサロンや医療機関の情報も事前に確認しましょう。

眉アートメイクで朝の忙しい時間を短縮し、すっぴんでも自信のある顔に仕上げてみてはいかがでしょうか。