【年の差】恋愛・年の差結婚トーク♡その②年の差で苦労したこと、良かったと思えたことって?

年の差恋愛や、年の差結婚をしている女性に集まってもらったトーク会の様子の第2弾をお届けします♡

Q.年の差を感じた瞬間はなに?

Aさん:うーん。6歳差だけど、あまりないかもしれない。でも私が35歳になったとき、彼は41歳となるわけで…30代と40代と思うとちょっと差を感じる気がしたりして…。

Bさん:3歳下の彼の友達に会うと、「わ、若い…」と思う時がある。特に女の子がキャピキャピ感があって。…ちょっと劣等感を感じたり…。でも、彼は私といると、落ち着くって言ってくれます。

Cさん:それは完全にノロケ!!ウチは10歳差なので、聴く音楽のアーティストが違いますね…。あと、「え!?これ知らないの!?」とかちょっと小馬鹿にされたり…。

Dさん:私も、彼にドリカムは以前3人だったと言っても、はじめ信じてもらえなかったことが(笑)。あと、うちの両親と、彼の祖父母が同世代というところにも、「お、おう…」となったり。 

Q.年の差恋愛・年の差結婚での苦労話は?

Aさん:あまりないかも!

Bさん:深刻なことは無いけど、結婚願望が私はあるので、ちょっと彼に言い出しにくいというか…遠慮してしまうことはある

Cさん:人によるかもしれないけど、旦那が10年長く生きているだけあって頑固な部分がある!自己が確立され過ぎというか…柔軟性がないというか…。

Dさん:…周りにイチイチ驚かれる。もう彼が10年下なのは人生のネタとして割り切っています…。

Q.年の差があって良かった!と思えたことは?

Aさん:経済的にも精神的にも安定した人がパートナーということで、私自身も気持ちが安定していて…幸せです♡

Bさん:3歳差はたまにひっかかるけど、年の差を気にし過ぎることはないな!って開眼しました。もし今の彼とダメになっても、これから幅広い年齢の人を恋愛対象としていこうと思う。

Cさん:世代が違うって、アレ?って思うこともたくさんあるけど、それを「面白い!」っ楽しめると、自分の視野やキャパシティーが広がる。旦那も、私を見て、世界が広がったし、いつまでも若々しくいてくれようとしたり(笑)。

Dさん:Cさんの旦那さんの気持ちがわかる(笑)。恋愛や結婚…いえ、ヒトとヒトのお付き合いに、年齢という壁をつくるのはもったいない!と身に染みて感じています。

いかがでしたか?年の差恋愛や、年の差結婚。一見、年齢の差がパートナーとの距離感に感じてしまうイメージでしたが、彼女たちの明るいトークは、その偏見を見事に一蹴してくれました♡年の差の分だけ、自分の視野や恋愛ゾーンを広げていってくれるんですね♡

 

mira(ミラ)アプリでは、AIが一枚の写真からたった5秒で、顔のパーツのバランス・形・大きさの特徴量をもとに、顔タイプを判定。あなたのための美容法を導き出します。

🎁アンケートはこちら🎁

無料で診断♪ マイカルテを作成

無料でLINEで相談♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

恋愛・コスメ・スピリチュアル語りが好きな典型的女子です。所持資格はアロマテラピー検定・色彩検定・キャリアコンサルタント♪時代劇も好きなので歴史検定も密かに持っています。色々な話題をこのサイトでお伝えしたり、学んでいけたらうれしいと思っています♪