【2021年最新】化粧水の正しい使い方と乾燥肌向けプチプラスキンケア9選

毎日のスキンケアで一番大切なアイテムは化粧水ですよね。毎日たっぷり使う分コスパ重視で選びたいところ。でも肌に良い成分もしっかり入っているのがいい…そんな人のために今回はおすすめスキンケア商品をプチプラ限定でご紹介!厳選した化粧水をピックアップしたので、成分やお肌のタイプで自分に合うアイテムを見つけましょう。

化粧水の役割って?

・お肌の保湿

化粧水には様々な効果がありますが、一番の目的は保湿ですよね。毎日なんとなく化粧水をジャバジャバつけてお肌に潤いを与えている人がほとんどでしょう。タイミングは基本的にお風呂上りや洗顔後。洗顔によって綺麗になった肌はバリアがない状態なので乾燥しやすいです。なので化粧水で潤いを与えて乾燥から肌を守ります。

・お肌のキメを整える

化粧水にはお肌のキメを整える効果があります。お肌のキメとは肌の表面にある凹凸のことで、キメが細かい弾力性やツヤがあってお肌の調子が良く、キメが粗いと乾燥肌になりお肌にハリが無くなります。キメが粗くなる原因に乾燥、角質層の保湿不足が関係しているので、化粧水をつけることでお肌のキメを整えることができます。

・美容成分を浸透

化粧水には多くの美容成分が配合されています。商品によってはビタミン類やコラーゲン配合の化粧水もあります。もちろんプチプラコスメにも♪自分の肌に必要な成分が配合している化粧水を選ぶのがベストです。

・他のスキンケアの手助け

化粧水の後に乳液やクリームを塗るのがスキンケアの基本ですが、化粧水をつけることでその後の乳液やクリームを肌に浸透しやすくなります。お肌が乾燥していると乳液やクリームの浸透を妨げてしまうので、化粧水で潤してキメを整えしっかりと浸透できるお肌の準備をするのです。

化粧水の正しい使い方

・手でもコットンでもOK

化粧水をつける時に手でつける派とコットンを使う派に分かれると思います。「手のほうがなじみやすい」「コットンで優しく染み込ませたほうが肌に優しい」色々な説がありますが実はどちらでもOK。それぞれにメリットがあるのです。

  • 体温で浸透しやすくなる
  • 肌を傷つけにくい
  • 顔にフィットする
  • 実際に触ると肌の変化に気づける

コットン

  • 肌全体に馴染ませることができる
  • ムラなく均一に塗れる

手のほうがメリットが多いからいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、満遍なく均一に塗れるコットンも優秀です。コットンを使う場合は肌触りの優しいコットンを使用するようにしましょう。そして化粧水はたっぷりコットンに染みこませましょう。

・たっぷりつける

化粧水を使用している人のほとんどが実行できていると思いますが、化粧水はたっぷりつけることです。化粧水をたっぷりつける理由は肌の奥の角質層まで水分を行き渡らせること。角質層が潤えば保湿効果がグンっとアップします。「たっぷりって大雑把で実際どれくらいつければいいの?」と思った人は今の3倍は化粧水をつけてください。年を取ると肌の水分は減っていくので、加齢とともに化粧水の量を増やすと良いですよ。

・内側から外側へ

化粧水をつける時は顔の内側から外側へ伸ばすようにつけることが基本です。ポイントとしては顔の面積が広い部分からなじませるとさらに効果が見込めます。具体的には頬→ひたい→残りの順番がベスト。適当につけていた人は今日から実践してみてくださいね。

プチプラスキンケアの選び方

・成分

プチプラスキンケアの選ぶ基準でまず大事なのが成分です。商品によって配合されている成分は異なりますので自分の肌に必要な成分が配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。ここで主な成分とその役割を紹介しておきます♪

  • ヒアルロン酸→保湿成分・乾燥肌に機能
  • セラミド→乾燥による水分枯渇の抑制
  • コラーゲン→肌を構成する栄養素・弾力の源
  • ローヤルゼリー→肌の水分量を増加
  • アミノ酸→角層の保湿を助ける・肌のバリア機能
  • ビタミン→ターンオーバーのサポート・炎症の抑制・肌荒れ予防
  • ハイドロキノン→メラニン生成を抑制
  • アルブチン→メラニン黒色化を抑制
  • ハトムギエキス→肌の水分の保持・ニキビやイボの改善

・種類

化粧水と言ってもいくつか種類があり、それぞれ役割があります。保湿以外の効果が期待できる化粧水もあるので各化粧水の効果を知っておきましょう。

  • 保湿化粧水→一般的化粧水で保湿を目的とする
  • 拭き取り化粧水→皮脂やメイクを拭き取るのと同時に保湿もする
  • 美白化粧水→肌の美白が目的
  • 収れん化粧水→保湿・皮膚の引き締め・ニキビ対策
  • ニキビ化粧水→ニキビ予防に特化した化粧水

どれも肌の保湿が大前提でプラスαの効果が期待できます。オイリー肌の人はオイルフリー、敏感肌の人は刺激が弱いアルコールフリーの化粧水もあるので購入する際は記載されているか要Checkですよ♪

・肌のタイプ

お肌のタイプは人それぞれですよね。乾燥肌、敏感肌、オイリー肌…「どのタイプの化粧水を選べばいいの?」こんな疑問を抱える人は多いでしょう。乾燥肌の人は保湿性が高い化粧水、敏感肌の人はオイルフリーや無添加の化粧水、オイリー肌の人はオイルフリーやニキビに特化した化粧水を選ぶと良いです。「薬用」「医薬部外品」の表記もこれからは注意して見ていきたいところです。

おすすめプチプラスキンケア9選

・ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)

化粧水の代表的存在『ハトムギ化粧水』は保湿効果はもちろんお肌のターンオーバーを促進、ニキビ予防にも効果があるという万能タイプの化粧水です。オイルフリーで低刺激。顔だけではなくカラダの肌全体、髪の毛にも使えます。大容量でコスパも抜群、迷ったらコレで決まりですね♪

主な配合成分

  • ハトムギエキス
  • グリチルリチン酸
  • グリセリン
  • エタノール
  • クエン酸

・肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水 高純度アルブチン×ビタミンC×和漢ハトムギエキス配合

医学部外品の『薬用美白化粧水』はさっぱりタイプの美白化粧水です。弱酸性でアルコールフリー、無香料無着色のお肌に優しい化粧水です。肌荒れ予防としても使えるので、綺麗な肌と美白を手に入れたい人は是非使ってみてくださいね。

主な配合成分

  • ハトムギエキス
  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC、E
  • トラネキサム酸(美白有用成分)

・アクアレーベル ホワイトアップ ローション 保湿・美白化粧水

アクアレーベルから販売されている『ホワイトアップローション』は美白化粧水ですが保湿力も抜群。角層まで潤いを届けてくれます。日焼けやシミ・ソバカスにも効果的で透明感ある美肌に近づけますよ♡

主な配合成分

  • トラネキサム酸
  • ヒアルロン酸
  • エタノール
  • ポリオキシエチレン
  • D-グルタミン酸

・菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿

日本酒で知られる菊正宗から保湿化粧水が販売されています♪『日本酒の化粧水』はその名の通り日本酒の主要アミノ酸がたくさん凝縮されていて保湿力アップ。他にもたくさんの保湿成分が配合されています。冷蔵庫で冷やすとお肌の引き締め効果も期待できますよ。

主な配合成分

  • セラミド
  • プラセンタエキス
  • グリセリン
  • グルタミン酸
  • コメ発酵液
  • メチルパラベン

・オルビス(ORBIS) アクアフォースローション M しっとり

オルビスの『アクアフォースローション』は角層の水分を潤しにがさない、モチモチ肌を実現させてくれる化粧水です。持続力も良くニキビ肌にも効果的。オイリー肌はLタイプ、乾燥肌はMタイプがおすすめです。

主な配合成分

  • うるおいマグネットAQ
  • ピュアアクアエッセンス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ポリクオタニウム-51

・セザンヌ スキンコンディショナー

セザンヌの『スキンコンディショナー』は保湿力高めのセラミド化粧です。敏感肌に優しい弱酸性でアルコールフリー。500mlの大容量も嬉しいです。コスメを展開しているセザンヌから販売されているので、美容成分もたくさん入ってますよ♡

主な配合成分

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ハトムギエキス
  • グルタミン酸
  • メチルパラベン
  • アロエベラ液汁

・透明白肌 ホワイトローション

『ホワイトローション』というだけあってコラーゲンや豆乳発酵液などの美容成分が盛りだくさん♪中でも速攻型ビタミンC誘導体はビタミンCの形状と効果を維持してすぐに肌に浸透させます。炎症にも効果的なので日焼けやニキビ対策に是非。

主な配合成分

  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • アロエベラ葉エキス
  • グリチルリチン酸
  • 速攻型ビタミンC誘導体

・無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

無印良品から販売されている『化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ』がクオリティが高いと大好評♡岩手県釜石の超軟水天然水を使用した低刺激の化粧水です。『高保湿』タイプ以外にも『さっぱり』『しっとり』タイプがあるので、自分の肌に合うタイプを使用してみてくださいね。

主な配合成分

  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • グレープフルーツ種子エキス
  • スベリヒユエキス
  • クエン酸

・ちふれ 美白化粧水Wしっとりタイプ

ちふれの『美白化粧水Wしっとりタイプ』は安定型ビタミンC誘導体と美白成分のアルブチンが配合された美白化粧水。メラニン、シミ、ソバカスの生成を防いでくれます。アルコールフリー、医薬部外品なので肌に優しく安心して使用できるのもメリット♡

主な配合成分

  • ヒアルロン酸
  • 濃グリセリン
  • アルブチン
  • L-アスコルビン酸
  • グリチルリチン酸

まとめ

今回は化粧水の正しい使い方とプチプラのおすすめスキンケアを紹介していきました♡

一概に化粧水と言っても多くの商品があり選ぶのに困りますよね。高いから良いというわけではなく、自分の肌質に合う化粧水や必要な成分が配合されている化粧水を選ぶのがポイントです。この記事で紹介しているアイテムのように、プチプラでも優秀な化粧水はたくさんありますし十分に効果が期待できます。

この記事を参考にして、化粧水の選び方、購入するアイテムをもう一度見直してみましょう。今まで以上にお肌の調子が良くなるかもしれませんよ♡