肌がキレイになると人生が変わる!↓




ボディミルク、ボディオイル、ボディローション、、何が違うの?特徴を知って効果的なアイテムを使用していきましょう♡

今回は、ボディケアに使用するボディミルク、ボディオイル、ボディローション、様々な種類があって、何をどう使っていいのかわからない。そもそも違いって何なのだろうと思いませんか?アイテムも色々ありすぎて迷ってしまいますよね。今回はその種類と特徴についてご紹介していきま。悩みを知って、効果的なアイテムを使用していきましょう♡

それぞれの特徴

ボディローション→化粧水:保湿力△

顔に使用するお化粧水と同じ役割を果たしてくれ、保湿力を高めてくれます。ただ、油分的な成分がほとんど入っていないのでカバー力や保湿間は他のアイテムには劣ります。

ボディミルク→乳液:保湿力○

お顔のスキンケアの蓋の役割をする乳液と捉えてください。トロリとした感覚で、伸びやよく広範囲で使えるものになります。ベタベタとする感じではないので、シャワーを浴びてすぐや、乾燥がきになる部分にサッと塗れるのもポイントです。

ボディクリーム→バーム的な役割:保湿力◎

油分がしっかりと含まれ、しっかりとチューブなどから出しても固形のままで身体に伸ばしても保湿されている感覚が一番感じられるものです。かかとが割れたりカサつくのが気になる人はミルクよりもクリームなどこってり、保湿力が高いものがおすすめです。

ボディオイル→ボディクリームと同じような働き◎

ボディクリームと同じように保湿力が高いですが、浸透しやすい、伸びが良いのが特徴です。少量で広範囲にのびるためマッサージを行う際にも保湿しながらむくみや血行を良くすることが可能です。

オススメのアイテムたち

プチプラからしっかりデパコスラインまで様々なものがあります。送料無料やポイントを利用して好きな香りをお得に購入してみてくださいね♡

おわりに

ボディケアアイテムと言ってもかなりの数があり迷ってしまいますよね。用途を理解することでお肌のお悩みにダイレクトにアタックすることができますのでぜひ色々季節や悩みにあわせて使い分けてみてくださいね♡

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

デパコスからプチプラコスメまで新商品が出る度にチェックするほどコスメ好き。スキンケアに重点を置き、肌質を改善しメイクをする楽しさを世の女性等に知ってもらいたいと思い美容の道を目指す。1年で58kg→45kgへのダイエットも成功しリバウンドもなし!美容師、美容部員、アイリストを経験し好きが生じて現在は自営業。美容店舗のプロデュースをきっかけにマーケティング業界へ。現在は飲食店の売上・事業拡大をのためにSNSや接客の指導も行う。美容店、飲食店、ネットショップ...etcを運営中。現在は海外移住の準備中。