彼氏に「寂しい」と伝えたい!重くならずに素直な気持ちを伝えるには?

「彼氏からもっと連絡がほしい!彼氏ともっとデートしたい!」って女性なら思いますよね。けれど、残念ながら男性は連絡をすることが苦手で、ひとりの時間を大切に考える傾向があるのです。

付き合い始めの頃は背伸びをしてあなたに合わせてくれていたかもしれません。けれど、関係が安定すると、連絡やデートの頻度が減ってしまうことも。こんな時、あなたの寂しい気持ちはどう伝えればいいのでしょうか。

どうして寂しいと感じるのか考えてみよう

あなたと彼氏はカップルの関係。付き合う前は、このカップルの関係になることが夢で、それ以上のものは望まなかったはず。そう、人はどんどん高い望みを叶えたいと考えてしまうのです。なので、自分のことは責めないでくださいね。

つまり、カップルでいても寂しいという気持ちを抱くことは、ごく自然なこと。重要なのは、あなたがどうして「寂しい」と思ってしまっているのかです。あなただけが好きだと思っているようで悔しいから?付き合いたての背伸びした彼氏のままでいてほしかったから?どうして寂しいのか、自分の気持ちに耳を傾けてみてくださいね

伝え方次第で、男性は「彼女からの寂しい」を嬉しいと感じる

あなたが本当に寂しいと感じる時、責めるかたちではなく、ワガママを言うかたちでもなく、頻繁にも言わず・・・つまり、彼氏の立場にたって気持ちを伝えることさえできれば、彼氏は「寂しい」というあなたの気持ちを嬉しいと感じるのです。

ここで伝え方を間違えてしまうと「束縛されている」「不満をもたれている」と彼氏は感じてしまいます。自分を否定されたような気持ちを抱くかもしれません。なので、あくまでも「あなたが~してくれないから」ではなく、「私の気持ちはこんな気持ちなの」と、主語を「私」として気持ちを伝えましょう

なにか具体的にしてほしいことがあれば、それを伝えられることがベストです。男性は、分かりやすく何をしてほしいのか伝えてほしいと思っているからです。「毎日、おやすみのLINEはしたい」など、彼氏の負担にならない範囲で「お願いごと」をしてみましょう。ただ、断られたからといって、あなたが嫌いだということではないことも事前に理解しておいてくださいね。